「築」

白川静『常用字解』
「形声。音符は筑。筑の下部は巩と同じで、工具を両手で強く持つ形。竹はおそらく竹籠で、これに土を入れ、工具でうち固めること、建造物の土台を築きあげることを筑といい、筑はおそらく築のもとの字であろう。筑に木を加えているのは、土をつき固めるのに、版築の方法をとるという意味であろう。“きずく、建てる” の意味に用いる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。巩(工具を両手で持つ)+竹(竹籠)→竹籠に土を入れ、工具でうち固めて、建造物の土台を築きあげるという意味を導く。これで「きずく」の意味になるが、筑に木(版築の方法)を加えて築としたという。
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。筑は楽器の名であって、「きずく」という意味はない。筑と築は成り立ちが違う。ここでは築をどう解剖すべきかを検討する。
築は「竹チク(音・イメージ記号)+巩(イメージ補助記号)+木(限定符号)」と解析する。字形の解剖は「A+B」、あるいは「A+B+C」といったぐあいにのっぺらぼうに分析するのではなく、それぞれの記号の役割に分けて解析すべきである。何が中心の記号、何が補助的な記号かをしっかり押さえないといけない。築では音・イメージ記号である竹が基幹的記号である。これが言葉の深層におけるイメージを表す部分である。このような捉え方を「形声の説明原理」という。白川漢字学説には形声の説明原理がなくすべて会意的に説こうとするから「A+B」のようなのっぺらぼうな解釈(これを会意的方法という)になる。
字源を説明する前に築の用例を見てみよう。築は語史がきわめて古く、次の文脈がある。
 原文:築之登登 削屢馮馮
 訓読:之を築くこと登登たり 削りて屢(しばし)ば馮馮たり
 翻訳:壁を築く音がトントンと でこぼこを削る音がパンパンと――『詩経』大雅・緜
これは城壁を建造することを歌った詩の一節である。築は明らかに「きずく」の意味。具体的には「土を突き固めて壁や塀を造る」という意味である。これを古典漢語ではtiok(呉音・漢音でチク)という。これを代替する視覚記号しとして考案されたのが築である。
なぜ竹という記号が用いられたのか。もちろん音の類似性が一つの理由(竹はtiok)。基幹記号の選択は音だけではない。イメージの類似性も必須な要件である。言い換えると言葉の深層構造におけるコアイメージを表しうるかどうかである。竹は「たけ」の意味であるが、いかなるイメージをもつのか。竹の形態的イメージは中空、円筒形である。ここから「(筒形に)突き通す」というイメージを表しうる。また竹は節が丸く取り巻いている。この形態的特徴から「満遍なく行き渡る」というイメージを表しうる。竹はこの二つのイメージを表しうる。
次に巩は何のための補助記号か。巩は恐にも含まれている(恐では基幹記号)。工は「突き通す」というイメージ、丮は両手を差し出す動作。「工(音・イメージ記号)+丮(限定符号)」を合わせた巩は、棒などで土を突く動作を示している。これは壁などを築く行為の一面を暗示させる。木は材料や道具と考えてよい。
壁などを築く行為の最も深いレベルでは「突き通す」というイメージと「満遍なく行き渡る」というイメージがある。これを竹で表し、イメージ補助記号の巩と、限定符号(これは場面設定の役割)の木を添えて築が造形された。その図形的意匠は「木の枠に土を詰めて、満遍なく突き固めて、壁や塀を造る」ということである。