「着」

白川静『常用字解』
「形声。 もとの字は著に作り、音符は者(者)。者は外部からの侵入者から集落を守るためのお土居(土の垣)で、お土居の中の各所にまじないのお札のように曰(書)が埋められている。それは曰(書)によって、侵入者を防ぐ呪力をお土居に附着させることができると考えられたからである。それで著は“つく、つける”の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。また字形から意味を導くことを文字学の方法とする。
者はまじないの札のような曰(書)が埋められたお土居で、侵入者を防ぐ呪力をお土居に附着させるから、附着の意味が出たという。草冠の説明はない。
者の字形の解剖と意味の取り方の疑問については759「者」で述べたから、繰り返さない。侵入者を守るお土居とか、まじないのお札のような書など、検証不能で、証拠のない習俗(?)を持ち出して 著・着を解釈している。お土居に呪力を附着するから「つく・つける」の意味が出るといった解釈は不自然である。お土居という物質に呪力というような空想的な観念が附着するとは常識では考えにくい。古代人はそう考えたというのかもしれないが、これも想像でしかない。
古典における着の使い方を見てみよう。着は漢代に登場する字で、著の二つの使い方のうち、チャクと読む場合を受け継ぐ字である。次の用例がある。
 原文:離離如繁星之着天
 訓読:離離として繁星の天に着するが如し
 翻訳:[レイシの]並び連なるありさまはたくさんの星が天にくっついているかのようだ――王逸・茘枝賦(『漢魏六朝百三家集』巻二十)
着はある物が別の物にぴったりとくっついて離れない、AがBに空間的にくっつくという意味で使われている。これを当時の漢語でdiak(呉音でヂャク、漢音でチャク)といい、それを代替する視覚記号を着とする。
着は著が崩れた字体である。「艹+耂」の部分が「𦍌+ノ」になり、日が目に変わったと考えられる。形が崩れた着からは字源の説明ができないので、著から説明するほかはない。
著は「者(音・イメージ記号)+艸(限定符号)」と解析する。者は「多くのものが一所に集中する」というイメージがある(759「者」で詳述)。このイメージは物がa・b・c・dのようにびっしりと集まっていることなので、二つの物の関係はくっついた状態になる。だから「二つの物がくっつく」「一点にくっつく」というイメージに転化する。著は草稿に文字をくっつけること、つまり「書きつける」ことを表す(著述・著書の著)。艸は草であり、下書き(草稿)に使われる。このように著は「文字を書きつける」という意味で、この場合はtiag(呉音・漢音でチョ)という。しかし「一点にくっつける」というコアイメージがあるため、「ぴったりとくっつく」「くっつけて離さない」という抽象的な意味も派生する。この場合はdiak(呉音でヂャク、漢音でチャク)と音を少し変えた語とする。かくて著はチョとチャクの二つの音、二つの意味をもつ語となった。これを分化させて著(チョ)と着(チャク)に棲み分けるようにしたのが漢代である。以上で着の由来が明らかになったと思う。