「著」

白川静『常用字解』
「形声。音符は者。者は外部からの侵入者から集落を守るためのお土居で、お土居の中の各所にまじないのお札のように曰(書)が埋められている。それは曰によって、侵入者を防ぐ呪力をお土居に附着させることができると考えられたからである。それで著は“つく、つける” の意味となる」

[考察]
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。草冠が何かの説明がない。者については759「者」で疑問を述べた。お土居にまじないのお札を埋めこんで侵入者を防ぐなどといった証拠のない習俗(?)を持ち出して者を解釈している。呪力をお土居に附着させるから「つく」の意味が出たという。呪力という空想的観念を物体に附着させるとはどういうことであろうか。「つく・つける」は物理的なイメージのことばである。呪力をつけるの「つける」は比喩に過ぎない。
著はどんな意味か。それは古典での使い方から分かる。次の用例がある。
①原文:莊王功迹著乎竹帛、傳乎後世。
 訓読:荘王の功迹は竹帛に著し、後世に伝ふ。
 翻訳:荘王の功績は書物に書き記し、後世に伝えられる――『呂氏春秋』情欲
②原文:抉吾眼著之呉東門。
 訓読:吾が眼を抉りて之を呉の東門に著けよ。
 翻訳:私の目玉を抉りとって、呉都の東門につけておけ――『説苑』正諫

①は書きつける意味、②はくっつける意味で使われている。古典漢語では①をtiag(呉音・漢音でチョ)、②をdiak(呉音でヂャク、漢音でチャク)という。これらを代替する視覚記号しとして著が考案された。
①が古く、②は転義である。しかも音が違う。同源であるが言葉が違う。①と区別するために②は後に着と書かれる。②の意味は着と全く同じである。
著の字源について着でも述べたからこれを援用する。
著は「者(音・イメージ記号)+艸(限定符号)」と解析する。者は「多くのものが一所に集中する」というイメージがある(759「者」を見よ)。このイメージは物がa・b・c・dのようにびっしりと集まっていることなので、二つの物の関係はくっついた状態になる。だから「二つの物がくっつく」「一点にくっつく」というイメージに転化する。著は草稿に文字をくっつけること、つまり「書きつける」ことを表す(著述・著書の著)。艸は草であり、下書き(草稿)に使われる。このように著は「文字を書きつける」という意味で、この場合はtiagという。しかし「一点にくっつける」というコアイメージがあるため、「一所につく・くっつける」という物理的な意味、また「くっつけて離さない」という抽象的な意味も派生する。この場合はdiakと音を少し変えた語とする。(以上、1256「着」の項)
これで①と②の意味は明白になった。①の場合日本語では「あらわす」と読む。これは特に本を書く意味で使われる。また「いちじるしい」の訓もある。顕著の著が「いちじるしい」の意味。「いちじるしい」とは「はっきりと現れて目立つ」ということである。著はそもそも文字が消えないように目立たせて所定の箇所にくっつける行為である。だから「はっきりり目立つ」というニュアンスがある。日本語ではこれを「あらわれる」という。「あらわす」(著述)と「あらわれる」(顕著)はつながりのあることばである。ちなみに白川は「その呪力が顕著であり、著明であることから、“いちじるしい、あきらか”となり、あきらかにすることから“かきしるす、あらわす”の意味となる」と述べている。顕著から著述が出たのか、あるいはその逆か。どうでもいいようであるが、意味が呪力から出たというのが奇妙である。