「帳」

白川静『常用字解』
「形声。音符は長。説文に“張れるものなり” とあり、張りめぐらすものをいう。“とばり、たれまく”の意味」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴であるが、本項では長からの説明がない。次項の張でも長からの説明がない。長は帳・張の単なる音符と見ているふしがある。
音符とは何だろうか。発音を示す符号というのが普通の見方であろう。では発音とは何なのか。漢字の読み方だろうか。ここに根本的な間違いがある。音というのは漢字の読み方ではない。文字の読み方というと例えばAをエー、αをアルファと読む類である。漢字の読み方というのはこれとは全く異なる。漢字の読み方といっているのは実は「漢語の読み方」なのである。漢語の読み方とは言葉としての漢語の音そのものである。だから音符、発音符号という場合は言葉の音を反映したものでなければならない。音には二通りある。音素と記号素の音である。一つの漢語は一つの記号素であるから、漢語の音とは記号素の音である。だから「漢字の音」といっているのは実は「記号素の音」である。
漢字は記号素と対応する文字であって、音素とは対応しない。記号素を音素に分析して表記するのは表音文字の方法である。漢字は音素に分析しないで、記号素をまるごと表記する。これが表音文字と表意文字の差である。
話を戻すと、音符(発音符号)は表音文字の用語で、音素を記す記号である。漢字は音素という下位レベルの記号と対応しないから、音符(発音符号)という用語はふさわしくない。 漢字のうちの形声文字は音と関係がある記号を含む。ではこれは何と定義すべきか。音符ではなく、「音・イメージ記号」と呼ぶのがふさわしい。この記号の特徴は一つは、音素を記しているのではなく、記号素の読み方を暗示させる働きがある。もう一つは、言葉のコアイメージを暗示させる働きがある。二重の働きをもつのが「音・イメージ記号」である。
さて帳は「長(音・イメージ記号)+巾(限定符号)」と解析する。長は帳の音(記号素の読み方)を暗示させる。帳はtiang(呉音・漢音でチヤウ)の音である。長はdiangの音。またtiangの音もある。長は音を暗示させるだけではなく帳の意味のイメージも暗示させる。帳とは垂れ幕(カーテンやテントの類)の意味。これは古典の用例から分かる。この語のコアにあるイメージは「長く伸びている」というイメージである。長は1278「長」で述べたように「空間的に長い」「長く伸びる」というイメージがある。したがって帳は長く伸びて垂れ下がる布を暗示させる図形になっている。
言葉の発生順序で考えると、長いこと、長く伸びたものをdiangといい、とばり(カーテンやテント)も長く伸びた形状をしているから、長との同源意識でtiangと名づけ、帳という文字で「とばり」を表したのである。