「彫」

白川静『常用字解』
「会意。周は方形の盾の表面を四つに区分し、それぞれに模様を彫刻した方形の盾の形。彡は色や形の美しいことを示す記号的な文字。彫は盾の模様の美しいことをいう字であるが、その模様を“ほる、ほりきざむ、きざむ” の意味に用いる」

[考察]
彫と周は音のつながりがあるから、形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がなく、会意的に説くのが特徴である。また字形からストレートに意味を導くのも特徴。周(表面に彫刻した方形の盾)+彡(色や形が美しい)→盾の模様が美しいという意味を導く。
文字の形に意味があるだろうか。凸や凹は文字の形に意味がありそうである。しかしこれさえトツやオウ(アフ)という言葉を表記しているだけであって、意味は言葉の方にある。言語学の定義では言葉(記号素)は音と意味の結合体で、音と意味は言葉を構成する要素である。意味は言葉に内在する概念と定義される。
意味は「言葉の意味」であって「文字(字形)の意味」ではない。だから字形から意味を求める白川漢字学説(文字学、字形学)は科学的とはいえない。
彫に「盾の模様が美しい」という意味はない。意味を知るには古典における用例を見る必要がある。
①原文:厚斂以彫牆。
 訓読:厚く斂めて以て牆に彫る。
 翻訳:税金をひどく取り立てて、壁に彫刻させた――『春秋左氏伝』宣公二年
②原文:朽木不可雕也、糞土之牆不可杇也。
 訓読:朽木は雕るべからず、糞土の牆は杇(ぬ)るべからず。
 翻訳:腐った木は彫刻できない。ぼろぼろの土塀は上塗りでくない――『論語』公冶長

②の雕は彫と書かれるテキストもあるから彫と同じ用例とする。①②とも彫は模様などをほりこむ意味で使われている。これを古典漢語ではtög(呉音・漢音でテウ)という。これを代替する視覚記号しとして彫が考案された。
古代において彫刻するという行為は芸術のためではなく飾りつけをするためである。壁だけでなく柱・弓などさまざまな所に、それを美しく飾るために模様がほりこまれた。模様は一か所ではなく全面にちりばめる。だからtögという語は稠密の稠と同源で、「満遍なく全体に行き渡る」というイメージがある。このイメージを表す記号が周である。
彫は「周(音・イメージ記号)+彡(イメージ補助記号/限定符号)」と解析する。周については803「周」で述べたが、もう一度振り返る。
周を分析すると「A+口」になる。Aは囗(口ではなくくにがまえ)の中に米印を入れた形。これは實にも含まれている。郭沫若が「田中に種植有る形」としたのが妥当である。つまり田んぼに種や苗がびっしりと播かれている(植えてある)情景である。この図形で「びっしり密着する」「びっしり行き渡る」というイメージを表すことができる。周は「A(イメージ記号)+口(場所を示すイメージ補助記号)」を合わせて、囲いの中の全体にびっしりと行き渡る状況を暗示させる。(以上、803「周」の項)
周は「全体にびっしりと行き渡って欠け目がない」「満遍なく行き渡る」というイメージを表す。稠密の稠はこのイメージ。一面に模様を施す行為もこのイメージをもつからtög(彫)というのである。彡は模様・飾りを示す記号で、「全体にびっしりと行き渡る」という語のコアイメージの補助的な働きをするし、また何を施すのかの何を示す限定符号の働きもある。