「鳥」

白川静『常用字解』
「象形。鳥の形。鳥の全形を輪郭で書いた形。“とり”をいう」

[考察]
鳥は「とり」の形だから「とり」の意味という解釈。もっともであるが、字形から意味が出るわけではない。字形の解釈と意味が一致するのは象形文字の中の一部に限られる。その他の多くの字は、字形の解釈と意味が必ずしも一致しない。「字形→意味」の方向に漢字を説くと誤ることが多い。「鳥」の場合はたまたま字形の解釈と意味が一致しただけである。
意味とはいったい何か。「言葉の意味」が意味であることは言語学の定義である。もちろん言葉を使った文の意味もあるが、基本は言葉の意味である。言葉以外に意味を云々するのは比喩に過ぎない。 
鳥類を意味する言葉を古典漢語ではtög(呉音・漢音でテウ)という。これは聴覚言語である。これを視覚記号に変換する際に鳥という記号が工夫された。
音素のレベルに分析しないで、記号素のレベルで、記号素の意味要素におけるイメージを、図形に換えるというのが漢字の造形原理である。これを表意文字という。字形が意味を表すから表意文字というのではなく、記号素の意味要素から図形化を図るから表意文字というのである。
鳥という図形から意味が出るのではなく、「とり」を意味するtögという言葉を鳥という図形に換えたというのが歴史的事実である。ではなぜ鳥が「とり」だと分かるのか。それは文脈から判断するのである。具体的文脈に使われてこそ意味を知ることができる。文脈を離れて鳥が何の意味であるかは、推測しかできない。「字形→意味」の方向はただ解釈しかできない。図形の解釈は必ずしも意味ではない。意味はあくまでも「言葉の意味」であり、文脈で使われる、その使い方である。