「勅」
旧字体は「敕」である。

白川静『常用字解』
「会意。束は雑木をたばねてくくる形。力は耒すきの形。それで耒を束ねる形となるが、耒に束薪をそえて清める儀礼を意味する字であるらしく、いましめただすの意味である」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。束(たばねる)と鋤から、鋤を束ねる→鋤に束薪を添えて清める儀礼という意味を導く。
鋤を束ねるとはどういうことか。束ねる行為はばらばらにほどけないようにするために縛ることである。鋤を縛る行為は考えにくい。また鋤を縛ることから、鋤に束ねた薪を添えて清める儀礼という意味に展開させるのは飛躍であり、不自然である。さらに、これから「戒め正す」という意味に展開させるのも必然性がない。
字形から意味を導く方法に問題がある。ここには言葉という視座がない。意味とは「言葉の意味」であって「字形(文字)の意味」ではない。言葉の使われる文脈に現れる意味である。古典における敕の用例を見るのが先決である。
①原文:大事能戒乎、能敕乎。
 訓読:大事は能く戒めんか、能く敕せんか。
 翻訳:大切なことは戒められるだろうか、引き締められるだろうか――『管子』枢言
②原文:勅民愼行。
 訓読:民に勅して行ひを慎ましむ。
 翻訳:天子は人民に行いを慎むよう命令した――『潜夫論』断訟

①はたるまないように身を引き締めて正す意味、②は臣民がたるまないように天子が言葉を与える意味で使われている。これを古典漢語ではt'iək(呉音でチキ、漢音でチョク)という。これを代替する視覚記号しとして敕が考案された。先秦の文献では敕、漢代以後勅の字体が普通に用いられている。ただし金文には勅の字体もあったようである。
敕は「束(音・イメージ記号)+攴(限定符号)」と解析する。束は「たば」「たばねる」の意味であるが、この語には「締めつける」「引き締める」というコアイメージがある(1156「束」を見よ)。束という具体物に重点があるのではなく、束の形態や機能である「物を引き締めてばらばらにしない」「たるんだものを引き締める」という根源のイメージを重視するのである。これが漢字の造形原理である。攴は動作と関係があることを示す限定符号。攴を力に替えても同じである。したがって敕(また勅)はたるみがないように引き締めるという行為を暗示させる。
天子の「みことのり」という意味は転義である。「たるみを引き締める」が基本の意味であるから、国家のレベルで天子が国民に「たるむな」「身を正せ」と命令を下すのが勅ということになる。