常用漢字論―白川漢字学説の検証

白川漢字学説はどんな特徴があるのかを、言語学(記号学)の観点から、常用漢字一字一字について検証する。冒頭の引用(*)は白川静『常用字解』(平凡社、2004年)から。数字は全ての親文字(見出し)の通し番号である。*引用は字形の分析と意味の取り方に関わる箇所のみである。引用が不十分で意を汲みがたい場合は原書に当たってほしい。なお本ブログは漢字学に寄与するための学術的な研究を目的とする。

2016年08月

「鶏」
旧字体は「鷄」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は奚。“にわとり” をいう。奚は鶏の鳴き声を写したもの」

[考察]
擬音語説はもっともらしいが、ほかでもなくなぜ奚という記号が選択されたかには別の理由がある。林義光(中国の文字学者)は「鶏を縛する形に象る。鶏は常に係縛するの鳥なり」(『文源』)と解釈している。奚は「爪(下向きの手)+幺(糸・紐の形)+大(人の形)」を合わせて、人を紐でつなぐ様子を暗示させる図形である。実現される意味は奴隷であるが、実体に重点があるのではなく、形態に重点がある。つまり「紐でずるずるとつなぐ」というイメージを示すために奚が使われるのである。したがって鷄は「奚ケイ(音・イメージ記号)+鳥(限定符号)」を合わせて、紐でつないで飼い馴らした鳥を暗示させる。
ニワトリは原鶏(セキショクヤケイ)を馴化した鳥である。甲骨文字の段階ですでに「奚」のついた字が出現している。太古において馴化されたのであるが、野生の鳥を飼い馴らしたという記憶が殷代まで伝えられたのであろうと推測される。

「警」

白川静『常用字解』
「形声。音符は敬。敬は犠牲とした羌人を跪かせ、前にᆸ(祝詞を入れる器)を置き、羌人を殴って何ごとかを祈る呪儀で、“いましめる” がもとの意味である。言葉を発していましめることを警という」

[考察]
敬の解釈の疑問については433「敬」で述べた。「羌人を殴って何事かを祈る」ことから「いましめる」の意味が出るだろうか。警は「言葉を発していましめる」という意味だろうか。
古典における警の用法を調べてみよう。
 原文:良將警之。
 訓読:良将は之を警(いまし)む。
 翻訳:立派な将軍はこれ[無駄な戦争]を戒めるのである――『孫子』火攻
警は身を引き締めて用心する(用心させる)、あるいは、注意を与えて戒めるという意味で使われている。警戒・警告の警はこの意味。これから、非常事態を取り締まる意味(警護・警備の警)、急所をついてはっとさせる意味(警句の警)に展開する。これらの意味の深層構造には「身を引き締める」というイメージがある。このコアイメージを表す記号が敬である(433「敬」を見よ)。したがって①の意味をもつ古典漢語kiĕng(呉音ではキヤウ、漢音ではケイ)を表記するために、「敬(音・イメージ記号)+言(限定符号)」を合わせた警が考案された。言は言語行為に関わる限定符号であって、意味素に含まれるわけではない。「言葉を発していましめる」の意味ではなく、ただ「いましめる」の意味である。 

「憩」

白川静『常用字解』
「形声。もとの字は愒に作り、音符は曷。説文に“愒は息(いこ)ふなり”とあり、“いこう” の意味に用いる。憩は息と舌とを組み合わせた会意の字であるが、古い字の作り方ともみえず、憩は愒の俗字であろう」

[考察]
憩が愒の俗字という説は中国にもあるが、加藤常賢は憩が正字で、愒は後造の字としている(『漢字の起源』)。白川は舌の説明がつかないので(おそらく「した」と見たのであろう)、愒から説明しようとしたが、曷の説明もつかない。結局字源の体をなしていない。
舌は「した」ではなく、括・活・話などの舌と同じで、𠯑の字が変化したものである。これは「穴を開けてスムーズに通す」というイメージを表す記号である(196「括」、197「活」を見よ)。憩は「𠯑カツ(音・イメージ記号)+息(限定符号)」と解析する。これは「鼻から息をスムーズに通してほっとする情景」という図形的意匠になっている。これによって、ほっと一息つく(いこう)の意味をもつ古典漢語k'iad(呉音ではカイ、漢音ではケイ)を表記する。
憩は語史が非常に古く、次の用例がある。
 原文:蔽芾甘棠 勿翦勿敗 召伯所憩
 訓読:蔽芾ヘイハイたる甘棠 翦(き)る勿れ敗る勿れ 召伯の憩ひし所
 翻訳:こんもり陰なすヒメカイドウ 葉を切るな枝を壊すな 召伯様の休んだ所――『詩経』召南・甘棠
 

「慶」

白川静『常用字解』
「会意。廌と心とを組み合わせた形。古く裁判は、争う双方から解廌カイタイと呼ばれる羊に似た神聖な獣をさし出して神の裁きを受けるという神判の形式で行われた。その裁判に勝訴した者の解廌には、解廌の胸に心の形の文身を加えて吉慶のしるしとした。それで慶とは神判による勝訴をいう字であるから、神によって与えられた“よろこび、たまもの、さいわい”というのがもとの意味である」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。「廌(神聖な獣)+心」というわずかな情報から、膨大な情報を引き出し、壮大な物語が紡がれた。
獬廌(=獬豸)カイチは羊に似た一角の獣で、罪のある人を見ると角で触れるという特殊の力を持っていたとされ、裁判に利用されたといわれるが、空想的な動物である。白川は裁判の模様を詳しく描いているが、果たして事実であろうか。想像的動物を存在したかの如く仮定し、法の象徴としたに過ぎないのではなかろうか。法(古字は灋)や薦に廌が含まれている。だが慶の上部は廌だろうか。
慶の上部を廌と見たのは加藤常賢であるが、裁判とは結びつけていない。他の学者はたいてい『説文解字』に従い、「鹿+心+夊」と分析する。心は心理・心情と関係があり、夊は足の動作・行為と関係がある。慶は心理動詞であるが、なぜ夊がついているのか。慶と似た結構(組み立て方)をした字に愛・憂がある。これらは足の動作で心理を生き生きと表現しようとした意匠(デザイン)である。慶もこれと似ている。

字形から意味を読むのは独断的、恣意的になりやすい。意味は言葉にある。だから言葉がどのような文脈で使われているかを見るべきである。文脈から意味を知ることができる。慶は古典に次の用例がある。
①原文:爾殽既將 莫怨具慶
 訓読:爾の殽(さかな)既に将(すす)む 怨むこと莫(な)く具(とも)に慶(よろこ)ばん
 翻訳:あたなの酒肴はそろいました 怨みを忘れて祝いましょう――『詩経』小雅・楚茨
②原文:我覯之子 維其有章 維其有章 是以有慶矣
 訓読:我之(こ)の子に覯(あ)ふ 維れ其れ章有り 維れ其れ章有り 是(ここ)を以て慶有り
 翻訳:あなたにやっと会えました あやなすお姿えもいえぬ あやなすお姿えもいえぬ 幸せいっぱいなのはこんなわけ――『詩経』小雅・裳裳者華

①はめでたいこと、喜ばしいことを祝う意味、②はめでたい事、喜び事、幸いという意味で使われている。これを意味する古典漢語はk'iăng(呉音ではキヤウ、漢音ではケイ)である。これを代替する視覚記号として慶が考案された。k'iăngは京や景と同源で、「明るい」というイメージである。つまり明るい気分になることである。①②の意味の深層には「明るい」というコアイメージがある。明るい気分になる原因が何かの喜び事・めでたい事である。このような心理、「めでたい事を喜んで祝う」という心理を図形で表現しようとしたのが慶である。これはどんな意匠か。慶は「鹿(比の部分がフに変化)+心+夊」と分析できる。なぜ鹿なのか。古代では鹿の皮はプレゼントの定番とされたようである。喜び事を祝うのに鹿という記号を用いた理由がこれである。したがって慶はプレゼントを持ってお祝いに行く情景というのが図形的意匠である。これによって①②の意味をもつk'iăngを表記する。

「継」
正字(旧字体)は「繼」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は㡭ケイ。 㡭は織機にかけた糸を二つに断ち切っている形。切断した糸に糸を加えて、継は糸を“つなぐ、つぐ”ことをいう」

[考察]
「㡭(切断した糸)+糸」で「糸をつなぐ」の意味になるだろうか。意味展開に必然がない。糸は限定符号と見るべきだから、継は糸を切断するという意味になりそうなもの。
繼の成立には絶の古文が絡んでいる。絶の古文の「𢇍」は絶の異体字で、𢇍と㡭は鏡文字の関係にある。𢇍は㡭を左右反転させた形(裏から見た形)である。絶は『詩経』に出ており、語史が古い。𢇍も古いと考えてよい。だから𢇍の鏡文字として㡭が発生したと推測される。
𢇍は幺を上に二つ配置し、下に二つ配置し、それの中間にᖵ(=刀)を差し入れた図形である。この意匠によって、糸を断ち切る様子を暗示させる。斷の左側は楷書では㡭になっているが、篆文では𢇍になっている。斷は『詩経』に出ており、語史が古い。
以上のように先ず𢇍が創作され、それから𢇍を左右反転させた鏡文字である㡭が生まれた。『説文解字』に「反𢇍を繼と為す」とある。鏡文字は逆さ文字と同じような働きをすることがある。意味を逆転させることである。𢇍(断ち切る)の反対は「つなぐ」である。だから㡭は「つなぐ」を表すための記号である。かくて「㡭(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」を合わせた繼は切れた糸をつなぐ状況を暗示させる。この意匠によって、a|bの形に切れたものをa→bの形につなぐという意味をもつ古典漢語ker(呉音ではケ、漢音ではケイ)を表記する。
a→bの形につなぐという意味から、aの後にbを続ける(後をつぐ、受けつぐ)という意味に展開する。次の①は前者、②は後者の意味で使われている。
①原文:繼絶世。
 訓読:絶世を継ぐ。
 翻訳:途絶えた家柄を継ぐ――『論語』尭曰
②原文:其或繼周者、雖百世可知也。
 訓読:其れ或いは周を継ぐ者、百世と雖も知るべきなり。
 翻訳:周の後を継ぐ者があるとしたら、百代の先まで知ることができる――『論語』為政

↑このページのトップヘ