常用漢字論―白川漢字学説の検証

白川漢字学説はどんな特徴があるのかを、言語学(記号学)の観点から、常用漢字一字一字について検証する。冒頭の引用(*)は白川静『常用字解』(平凡社、2004年)から。数字は全ての親文字(見出し)の通し番号である。*引用は字形の分析と意味の取り方に関わる箇所のみである。引用が不十分で意を汲みがたい場合は原書に当たってほしい。なお本ブログは漢字学に寄与するための学術的な研究を目的とする。

2017年03月

「朕」

白川静『常用字解』
「会意。舟と关そうとを組み合わせた形。舟は盤の形で、物を入れるもの。关は両手で物を捧げる形。朕は盤中の物を両手で捧げて人に賸おくるの意味で、賸ようのもとの字である。殷代の王子に子・余・我・朕と称するものがおり、特定の身分称号であったが、のちにそれらがそのまま代名詞となった。朕は“われ” という一人称の代名詞に用いるが、それは音を借りて用いる仮借の用法である」

[考察]
朕は「盤中の物を両手で捧げて人におくる」の意味で、一人称は仮借的用法だという。一方では、朕は特定の身分称号で、それが一人称代名詞になったという。そうすると仮借とは言えない。
だいたい朕に「盤中の物を両手で捧げて人におくる」という意味があったであろうか。そんな意味はあり得ない。これは字形の解釈である。図形的解釈と意味を混同するのは白川漢字学説の特徴である。朕は最初から一人称代名詞である。
白川は字形を誤って解釈したため、あるいは、一人称の由来の説明がつかないため、仮借説に逃げた。我なども同じことが言える。
では一人称の由来とは何か。古典漢語の一人称には我・吾・卬ゴウの系列と、台イ・余・予の系列がある。前者はコミュニケーションの場を想定し、話し手と聞き手の関係から発想された。後者は行為の主体という観念から一人称が造語された。これらとは違い、朕は一風変わった発想から生まれた一人称である。
字源にヒントが隠されている。朕は「灷ヨウ(音・イメージ記号)+舟(限定符号)」と解析する。灷は「午(杵の形)+廾(両手)」を合わせて、杵を持ち上げる情景である。杵を持ち上げる行為は臼をつく際などに見られる。ただし具体的な行為に重点があるのではなく、「上に上げる」というイメージを示している。舟は盤ではなく「ふね」そのものである。限定符号は図形的意匠を作るための場面設定の働きがある。舟に関する場面を想定し、舟が水の力で水面に浮き上がる情景という意匠を作ったのが朕である。ただしこの場合もそんな意味を表そうとするのではなく、「上(表面)に上がる」というイメージを表すための工夫なのである。
さて朕はどんな一人称なのか。下のものの上に出て存在するもの、つまり君主など地位が万民の上にあるものが朕と称するのである。これを古典漢語ではdiəm(呉音でヂム、漢音でチム)という。これの表記として「上に上がる」というイメージをこめた朕が作られたのである。周代初期の古典に次の用例がある。
 原文:王親命之 纘戎祖考 無廢朕命
 訓読:王親(みづか)ら之に命ず 戎(なんぢ)が祖考を纘(つ)ぎ 朕が命を廃する無かれ
 翻訳:王は自ら命令した 「お前の先祖の業を継ぎ わが命令を拒んではならぬ」――『詩経』大雅・韓奕




 

「珍」

白川静『常用字解』
「形声。音符は㐱しん。㐱は髪の毛の多い人の形であるから、珍と意味の上での関係はない。説文に“宝なり”とあり、宝とすべき玉をいう」

[考察]
㐱と珍は意味上の関係がないと言って字源を放棄している。形声の説明原理がなく会意的に説くのが白川漢字学説の特徴であるから、会意的に説明がつかなければ字源を放棄するしかない。
形声の説明原理とは言葉という視点に立ち、言葉の深層構造を掘り下げ、語源的に意味を探求する方法である。白川漢字学説は言葉という視点がないので形声の説明原理がないのも当然である。
語源的に意味を探求するというのは、その語の意味がなぜそうなのかを語源的に説明するということであって、意味を作り出すことではない。意味は文脈から分かることである。珍は古典で次のように使われている。
 原文:此固國家之珍。
 訓読:此れ固(もと)より国家の珍なり。
 翻訳:これはまことに国家の宝である――『墨子』尚賢
珍はこの上もない貴重なものという意味で使われている。これを古典漢語ではtien(呉音・漢音でチン)という。これを代替する視覚記号しとして珍が考案された。
珍を語源的に究明したのは藤堂明保である。藤堂は珍・診と真・身・旨・至・質などとを同じ単語家族に括り、これらはTER・TET・TENという音形と、「いっぱい詰まる」という基本義があるとした(『漢字語源辞典』)。なぜ珍に「いっぱい詰まる」というイメージがあるのか。「きめ細かく詰まった上質の玉」の意味だという(『学研新漢和大字典』)。ただし珍に玉という意味があるかは微妙なところである。玉は比喩である可能性が強い。
次になぜ珍という表記が作られたのか。ここから字源の話になる。珍は「㐱(音・イメージ記号)+玉(限定符号)」と解析する。㐱については973「診」で述べたが、もう一度振り返る。
『説文解字』に「㐱は稠髪なり」とあり、『詩経』の「㐱髪雲の如し」という詩句を引用している。現在の『詩経』のテキストでは鬒髪になっている。鬒はびっしり生えている髪の意味である。㐱は「人+彡(髪の毛)」を合わせた図形で、びっしり生えた髪の毛を暗示させる。これは「稠密で細かい」というイメージ、また「いっぱい詰まる」というイメージを表すことができる。(以上、973「診」の項)
かくて珍の図形的意匠が明らかになる。藤堂の言う通り「きめの細かく詰まった上質の玉」である。上質でない玉は恐らくきめが細かくないであろうから、その反対の玉を想定して図形化(意匠作り)がなされた。ただし上質の玉という意味ではなく、上記の通り「この上もない貴重なもの(宝物)」 の意味である。玉は比喩的限定符号と見るべきである。「この上もない」「めったにない」ということから「めずらしい」の意味が派生する。
 

「沈」

白川静『常用字解』
「形声。音符は冘いん。甲骨文字は水の中に牛や羊をかいた象形の字。洪水などのとき、牛や羊を犠牲として川に沈めて祭るという意味である、犠牲を沈めるの意味から、すべて“しずめる、しずむ”の意味となる」

[考察]
形声としながら、甲骨文字を出して象形とするのは変である。冘では解釈がつかないからであろう。甲骨文字は沈とするにはあまりにも違い過ぎる。音も形も意味も沈とは懸け離れている。沈に「洪水とき牛や羊を犠牲として川に沈めて祭る」という意味はない。
沈の古典における用例を調べ、なぜ沈の図形が作られたか考えるべきである。 沈は次の文脈がある。
 原文:汎汎楊舟 載沈載浮
 訓読:汎汎やる楊舟 載(すなは)ち沈み載ち浮かぶ
 翻訳:ぷかぷか漂うやなぎの小舟 水のまにまに浮き沈み――『詩経』小雅・青青者莪

沈は水中に深くしずむという意味で使われている。これを古典漢語ではdiəm(呉音でヂム、漢音でチム)という。これを代替する視覚記号しとして沈が考案された。
古典の注釈に「沈は淫なり」とある。ほかに深・尋・甚とも同源であり、これらは「段々と深く入り込む」というコアイメージをもつ語である。
以上は語源であるが、次は字源を見る。
沈は「冘(音・イメージ記号)+水(限定符号)」と解析する。冘は人の肩の上に⊢⊣の形の枠をはめて下に押し下げる状況を暗示させる図形。この意匠によって「下方に↓の形に押し下げる」というイメージを示す記号とする。沈は水の中へ↓の形に深く入り込む情景である。この図形的意匠によって、上記の意味をもつdiəmを表記した。
 

「勅」
旧字体は「敕」である。

白川静『常用字解』
「会意。束は雑木をたばねてくくる形。力は耒すきの形。それで耒を束ねる形となるが、耒に束薪をそえて清める儀礼を意味する字であるらしく、いましめただすの意味である」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。束(たばねる)と鋤から、鋤を束ねる→鋤に束薪を添えて清める儀礼という意味を導く。
鋤を束ねるとはどういうことか。束ねる行為はばらばらにほどけないようにするために縛ることである。鋤を縛る行為は考えにくい。また鋤を縛ることから、鋤に束ねた薪を添えて清める儀礼という意味に展開させるのは飛躍であり、不自然である。さらに、これから「戒め正す」という意味に展開させるのも必然性がない。
字形から意味を導く方法に問題がある。ここには言葉という視座がない。意味とは「言葉の意味」であって「字形(文字)の意味」ではない。言葉の使われる文脈に現れる意味である。古典における敕の用例を見るのが先決である。
①原文:大事能戒乎、能敕乎。
 訓読:大事は能く戒めんか、能く敕せんか。
 翻訳:大切なことは戒められるだろうか、引き締められるだろうか――『管子』枢言
②原文:勅民愼行。
 訓読:民に勅して行ひを慎ましむ。
 翻訳:天子は人民に行いを慎むよう命令した――『潜夫論』断訟

①はたるまないように身を引き締めて正す意味、②は臣民がたるまないように天子が言葉を与える意味で使われている。これを古典漢語ではt'iək(呉音でチキ、漢音でチョク)という。これを代替する視覚記号しとして敕が考案された。先秦の文献では敕、漢代以後勅の字体が普通に用いられている。ただし金文には勅の字体もあったようである。
敕は「束(音・イメージ記号)+攴(限定符号)」と解析する。束は「たば」「たばねる」の意味であるが、この語には「締めつける」「引き締める」というコアイメージがある(1156「束」を見よ)。束という具体物に重点があるのではなく、束の形態や機能である「物を引き締めてばらばらにしない」「たるんだものを引き締める」という根源のイメージを重視するのである。これが漢字の造形原理である。攴は動作と関係があることを示す限定符号。攴を力に替えても同じである。したがって敕(また勅)はたるみがないように引き締めるという行為を暗示させる。
天子の「みことのり」という意味は転義である。「たるみを引き締める」が基本の意味であるから、国家のレベルで天子が国民に「たるむな」「身を正せ」と命令を下すのが勅ということになる。
 

「直」

白川静『常用字解』
「会意。省と乚いんとを組み合わせた形。省は目の呪力を強めるために眉に飾りをつけ、地方を巡察して不正を取り締まることをいう。 乚は塀などを立てている形で、隠れるの意味がある。直はひそかに調べて不正をただすという意味であろう。それで“ただす、ただしい”の意味となり、ただすので“なおい、まっすぐ、すなお”の意味となる」

[考察]
字形の解剖にも意味の解釈にも疑問がある。省が「目の呪力を強めるために眉に飾りをつけ、地方を巡察して不正を取り締まる」の意味だというが、「眉に飾りをつける」とか「目の呪力を強める」とはどういうことか。そんな習俗・習慣があったのであろうか。あるいは古代に暗行御使のような官職があったのであろうか。
証拠のないことから直の意味を「ひそかに調べて不正をただす」としているが、「であろう」というように臆測に過ぎない。直にそんな意味はない。「不正を正す」ことから「まっすぐ」の意味が出たというが、この意味展開も疑わしい。「まっすぐ」とは「直線」のように物理的なイメージである。むしろこれから「正しい」の意味に展開したというのが論理的である。
意味は字形から出るものではなく、言葉にもともと備わったものである。意味とは言葉に内在する概念である。意味を知るには言葉の使われる文脈を尋ねるべきである。直は古典に次の用例がある。
①原文:周道如砥 其直如矢
 訓読:周道は砥の如く 其の直きこと矢の如し
 翻訳:周への道は砥石のように平ら 矢のようにまっすぐ――『詩経』小雅・大東
②原文:人之生也直。
 訓読:人の生くるや直なれ。
 翻訳:人は真っ正直に生きなさい――『論語』壅也


①は空間的にまっすぐの意味、②は人や物の性質にゆがみがない(正しい)の意味で使われている。これを古典漢語ではdiək(呉音でヂキ、漢音でチョク)という。これを代替する視覚記号しとして直が考案された。
直は甲骨文字では「|+目」の形になっている。|はまっすぐな線であり、視線を↑の形にまっすぐ向ける状況を想定したもの。意味はただ「(空間的に)まっすぐ」である。金文ではこの字形に乚を添えた字体になっている。乚はᒪの形で隠すことを示す象徴的符号。隠れたものにまっすぐ視線を向ける情景を想定した図形。これも「まっすぐ」のイメージを作るための工夫である。最後に篆文では「十+目+ᒪ」に変わった。十は|が変形したもの。この十は数字ではないが、数字の十も|(縦の一本線)の真ん中が膨らんで十に変化したものである。直の十も|からの変化と考えてよい。ただし篆文(楷書も)の字形から「まっすぐ」のイメージは読み取れない。甲骨文字・金文に遡って初めてなぜ「直」の図形が作られたかの理由がわかる。
歴史的・論理的に語源・字源を考えると、「(空間的に)まっすぐ」を意味する古典漢語diəkがあり、この聴覚記号を視覚記号に換える際、「|+目」または「|+目+ᒪ」を組み合わせた図形が考案されて、diəkを表記したのである。 

↑このページのトップヘ