常用漢字論―白川漢字学説の検証

白川漢字学説はどんな特徴があるのかを、言語学(記号学)の観点から、常用漢字一字一字について検証する。冒頭の引用(*)は白川静『常用字解』(平凡社、2004年)から。数字は全ての親文字(見出し)の通し番号である。*引用は字形の分析と意味の取り方に関わる箇所のみである。引用が不十分で意を汲みがたい場合は原書に当たってほしい。なお本ブログは漢字学に寄与するための学術的な研究を目的とする。

2017年06月

「伐」

白川静『常用字解』
「会意。戈で人の首を斬る形が伐で、“うつ、首をきる、きる”の意味となる。一人の首を斬るのは伐といい、二人の首を斬るのを㦰という」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。戈(ほこ)+人→ほこで人の首を斬る→斬る、首を斬るという意味が導かれる。
字形をなぞって意味を引き出している。伐はこんな意味に使われるだろうか。古典の用例を見る。
①原文:遵彼汝墳 伐其條枚
 訓読:彼の汝墳に遵ひ 其の条枚を伐る
 翻訳:汝水の堤に沿って行き 木の枝を断ち切る――『詩経』周南・汝墳
②原文:赫赫南仲 薄伐西戎
 訓読:赫赫たる南仲 薄(いささ)か西戎をつ
 翻訳:栄光ある南仲は 西のえびすを討ちとった――『詩経』小雅・出車

①は(刃物などで)切り分けるという意味、②は敵を打ち破るという意味で使われている。これを古典漢語ではbiuăt(呉音でボチ、漢音でハツ)という。これを代替する視覚記号しとして伐が考案された。
伐は「人+戈」というきわめて舌足らず(情報不足)な図形で、何とでも解釈できるが、古典における使い方から逆推すると、「戈で人を切る」と解釈できる。しかしこれは図形的意匠であって意味ではない。意味は上記の①である。意味の内容(意味素)は戈とも人とも関係がない。「切り分ける」という意味をもつ biuătを表記するための図形である。この言葉は古典に「伐は敗なり」「伐は発なり」とあるように、敗・発・抜・別・八・半などと同源で、「二つに分ける」というコアイメージをもつ単語家族の一員である。
言葉という視点に立ち、語源を検討して初めて、言葉の意味が正確に分かる。字形だけをなぞって意味を求めようとすると、正確な意味にたどりつけない。 

「髪」
正字は「髮」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は犮はつ。金文の字形は首と犬とを組み合わせた形に作り、犬を犠牲として災いを祓うという意味であったようである。髪はその形声の字と考えられる。“かみ、かみのけ”の意味に用いる」

[考察] 
「犬を犠牲として災いを祓う」と「かみ」の間に何の関係があるのか分からない。不自然で理屈に合わない。字源の体をなしていない。
『釈名』(漢代の語源辞典)では「髪は抜なり。抜擢して出づるなり」と語源を説いている。抜けるのではなく、上の方に抜きん出ることである。抜きん出るようにして生え出る髪の生理的特徴を捉えた語源説で、正当な説である。piuăt(髮)という語は抜・発などと同源であり、「ぱっと勢いよく出る」というイメージをもつ。
髮は「犮(音・イメージ記号)+髟(限定符号)」と解析する。犮は「犬+丿(斜めにはねる符号)」を合わせて、犬が後ろ足ではねる情景。この意匠によって「↲↳の形に分かれる」「←→の形にはねかえる」というイメージを示す。このイメージは「左右に分かれて、その間から勢いよく出る」というイメージに転化する。これは出発の発のイメージと同じ。また「←→の形にはねかえる」のイメージは「→の形の力をはねのけて←の形に勢いよく出る」というイメージに転化する。これは発射の発や反撥の撥のイメージと同じ。髟は「かみ」と関係があることを示す限定符号。かくて髮は頭の上に生えて勢いよく伸び出る「かみ」を暗示させる。 

「発」
正字(旧字体)は「發」である。

白川静『常用字解』
「会意。音符は癶はつ。癶は止(足の意味)を左右そろえる形であり、出発するときの姿勢である。下部は弓を射る形。發とは開戦に先立ってまず弓を射て開戦を知らせることをいう。それでことを“はじめる、おこる”の意味となる」

[考察]
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。癶を音符としながら会意とは変である。形声のはず。また、「下部は弓を射る形」というが殳の説明がない。「弓+殳」で弓を射る意味か。しかしそんな字はない。
癶は「出発するときの姿勢」とあるが、「開戦に先立ってまず弓を射て開戦を知らせること」と何の関係があるのか、よく分からない。だいたい發に「開戦に先立ってまず弓を射て開戦を知らせる」という意味があるのか。そんな意味はあり得ない。
意味とは「言葉の意味」であって「文字の意味」ではない。意味は字形から出てくるものではなく、言葉の使われる文脈から出るものである。發の用例を見てみよう。
①原文:魯道有蕩 齊子發夕
 訓読:魯道蕩たる有り 斉子夕べに発す
 翻訳:魯の道ははるかに延びて 斉の娘は夕べに旅立った――『詩経』斉風・載駆
②原文:發彼小豝
 訓読:彼の小豝に発す
 翻訳:小さいイノシシに矢を放つ――『詩経』小雅・吉日
③原文:發憤忘食。
 訓読:憤を発して食を忘る。 
 翻訳:発憤して食事も忘れる――『論語』述而

①は足がある地点から踏み出る(出かける)の意味、②は弓から矢が勢いよく出る(矢や弾を放つ)の意味、③は内から外に現し出す、現れ出る(起こる、物事を始める)の意味に使われている。これを古典漢語ではpiuăt(呉音でホチ・ホツ、漢音でハツ)という。これを代替する視覚記号しとして發が考案された。
發は癶→癹→發と展開して生まれた。おおもとが癶である。癶は白川が言う通り、両足を左右に開いた形で、出発する直前の足の状態を描いている。次に殳(動作を示す限定符号)を添えて癹ができる。足を開いて踏み出す動作を表している。次に弓の限定符号を添えた發ができる。癶・癹には「両側に開いて出る」「左右に分かれる」というイメージがあり、矢をつがえた弓を左右に開いてぱっと出す、つまり矢を放つことを暗示させる。これらの図形には上の①と②の意味がカバーされている。③はこの具体的行為からの転義、メタファーによる転義である。白川は「はじめる、おこる」を最初の意味としたため、開戦云々という字形の解釈をし、「開戦に先立ってまず弓を射て開戦を知らせる」というあり得ない意味を導いた。図形的解釈と意味を混同している。

「鉢」

白川静『常用字解』
「形声。もとの字は𥁊に作り、音符は犮。梵語pātraの音訳である鉢多羅の略。わが国では鉢の字を使う」 

[考察]
鉢多羅の略が𥁊とはどういうことか。日本では鉢を使うというのは、鉢は国字(和製漢字)ということか。
肝心の鉢の由来が分からない。
梵語のpātraを音写するために創作されたのは鉢であって𥁊ではない。鉢は中国でも現在も使われており、日本の専用ではない。
なぜ金偏に八の字が作られたのか。外来語の音写字には音意両訳の工夫を懲らすことが多い。 
鉢は「八(音・イメージ記号)+金(限定符号)」と解析する。本は(puən )はpātraに近く、この音を喚起させるだけでなく、pātraという器の形状をも暗示させる。というのは本は根本の意味で、「太い」「ふくれて大きい」というイメージをもつからである。pātraは口の部分が左右に大きく分かれて開いている形状なので、音とイメージの似た本という記号を選んで鉢が作られた。

「八」

白川静『常用字解』
「指事。左右にものが分かれる形。もと算木で数を示す方法であり、数の“やっつ” を示す」

[考察]
「左右に分かれる形」と「算木で数を示す方法」と「数のやっつ」がどんな関係なのかよく分からない。
算木で数を示す場合、一つの横棒の下(または上)に縦棒を三つ置くのが数の八である。この算木の示し方は「左右に分かれる形」とは何の関係もないだろう。
八は甲骨文字にあるが、殷代で算木を用いて数えたという証拠はない。 
漢語における数詞の命名は数の性質によるか、数の数え方の特徴によるかに由来する。八は数の性質に着目してpuăt(呉音ではハチ、漢音ではハツ)と呼び、八という視覚記号で表記された。
数の8の性質は偶数であることである。2と4と6も偶数である。2は「並ぶ」というメージで名づけられて「二」と表記され、4は「分散する」というイメージで名づけられ「四」と表記され、6は数え方の特徴から名づけられ「六」と表記された( 1434「二」、686「四」を見よ)。では8はどんなイメージか。8は4と4に二分でき、4は2と2に二分できる。次々に両分されるという特徴が大きい。この性質は「(二つに)分かれる」というイメージとして把握される。このイメージを表す図形として「八」が考案された。これは↲↳の形に左右に分けることを示す図形である。
八が成立すると、分・半など「二つに分ける」というイメージをもつ語が生まれる。分は「八(音・イメージ記号)+刀(限定符号)」、半は「八(音・イメージ記号)+牛(イメージ補助記号\限定符号)」である。分・半は八(puăt)と音が近い。肺の右側、敝の左側にも八が含まれる。八が含まれなくても、発・伐・抜・別・拝・貝・敗・片・弁など「二つに分かれる」というコアイメージをもつ言葉がどんどん生み出される。これらは八を中心とした大きな単語家族を構成している。
漢字は形の解釈で終わるものではない。音(語源)から見ると漢字の本当の姿が見えてくる。 

↑このページのトップヘ