常用漢字論―白川漢字学説の検証

白川漢字学説はどんな特徴があるのかを、言語学(記号学)の観点から、常用漢字一字一字について検証する。冒頭の引用(*)は白川静『常用字解』(平凡社、2004年)から。数字は全ての親文字(見出し)の通し番号である。*引用は字形の分析と意味の取り方に関わる箇所のみである。引用が不十分で意を汲みがたい場合は原書に当たってほしい。なお本ブログは漢字学に寄与するための学術的な研究を目的とする。

2017年08月

「偏」

白川静『常用字解』
「形声。音符は扁。扁は片開きの編み戸の形。扁に片方、ひとつの意味がある。説文に“頗るなり”とあり、“かたよる、ひとつ、一方、ひとえに”の意味に用いる」

[考察]
扁に「片方、ひとつ」の意味があるというが、そんな意味はない。だから「片方」の意味から「かたよる」の意味が出たとは考えられない。
白川漢字学説には形声の説明原理がない。形声の説明原理とは言葉の視点に立ち、言葉の深層構造へ掘り下げ、コアイメージを捉えて、意味を説明する方法である。白川漢字学説は言葉という視点がなく、ただ字形から会意的に意味を取り出す方法である。
意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から出るものである。
偏の古典における用例から意味を確かめるべきである。
 原文:無偏無黨、王道蕩蕩。
 訓読:偏無く党無し、王道蕩蕩たり。
 翻訳:かたよることなくえこひいきもしない。王道は公平に行き渡る――『書経』洪範
注釈で「偏は不平なり」とある。平らか(公平)ではない、かたよっているという意味。これを古典漢語ではp'ian(呉音・漢音でヘン)という。これを代替する視覚記号として偏が考案された。
偏は「扁(音・イメージ記号)+人(限定符号)」と解析する。扁は「戸+冊」に分析できる。戸は薄い板をつないで作ったもの。冊は薄く平らに削った竹簡や木簡を綴ったもの。戸も冊も薄く平らなものをつないだものだが、戸はイメージだけを取り、冊はイメージ記号と限定符号を兼ねると見る。だから「戸(イメージ記号)+冊(イメージ補助記号/限定符号)」と解析する。限定符号とは意味領域と関わることを示す働きのほかに、図形的意匠作りの場面設定の働きもある。竹簡・木簡を綴る場面、つまり文字を書いた札を編集する場面が設定される。かくて扁は薄く平らな竹簡・木簡を綴る情景と解釈できる。ただし竹簡・木簡を綴るという意味は編で実現させ、扁は「薄く平ら」という意味を表すのである。
薄く平らなものをつないでいくと平らに広がる。だから扁は「平らに広がる」というイメージにもなる。一方、中心から平らに広がっていう空間を想定して、広がりの終点に視点を置くと、中心から遠くなっている。これは「中心からそれて離れる」というイメージである。このように扁は「薄く平ら」→「平らに広がる」→「中心からそれて離れる」というイメージに展開する。かくて偏は中心や本筋から一方にそれている(かたよる)という意味を表すことができる。これが上の用例にある意味である。

「変」
正字(旧字体)は「變」である。

白川静『常用字解』
「会意。䜌ばんと攴とを組み合わせた形。言は神への誓いのことばで、その誓いの言葉を入れた器の左右に糸飾りをつけた形が䜌。攴にはうつの意味があるから、誓いのことばの入った器をうつことを變といい、神への誓いを破り、改めるの意味となる」

[考察]
字形の解釈にも意味の取り方にも疑問がある。まず言が「神への誓いのことば」という意味だというが、こんな意味は言にない。また䜌が「その(神の)誓いの言葉を入れた器の左右に糸飾りをつけた形」というが、「神の誓いを入れた器」とは何のことか。誓いの言葉は聴覚言語であろう。これを器に入れるとはどういうことか。聴覚言語を文字化して布や木簡に書写して器に入れるのか。こんなものが存在するだろうか。何のために器に糸飾りをつけるのか。これも分からない。また變は「誓いのことばの入った器をうつ」こと(つまり意味)だというがこんな行為があるだろうか。その意味から「神への誓いを破り、改める」の意味になったというが、變にこんな意味があるだろうか。意味の展開に必然性がない。
變の使い方(すなわち意味)を古典の用例から確かめるのが先決である。
 原文:迅雷風烈必變。
 訓読:迅雷風烈には必ず変ず。
 翻訳:[孔子は]疾風迅雷のような自然の異変には必ず態度を変えた――『論語』郷党
變は本来とは違った事態・状態になる(かわる・かえる)という意味で使われている。これを古典漢語ではpian(呉音・漢音でヘン)という。これを代替する視覚記号しとして變が考案された。
變は「䜌ラン(音・イメージ記号)+攴(限定符号)」と解析する。䜌(ランとレンの二音がある)については『説文解字』に「乱なり。一に曰く治なり。一に曰く絶えざるなり」とある。『漢語大字典』などでは乱れる、治める、連続して絶えずの三つの意味を記述している。䜌はこれらの意味を同時に含むと考えてよい。連続して絶えないものはきりやけじめがつかない状態であり、ずるずるともつれて乱れた状態である。この状態にきりやけじめをつけようとするのが治めることである。乱に「みだれる」と「おさめる」の二つの意味があるのと似ている。䜌は乱と同源の語で、「もつれて乱れる」というイメージを表す記号となりうる。
字源を見てみよう。䜌は「絲(いと)+言」と解剖する。言は連続した音声を区切って意味をもたせるもの、すなわち「ことば」である。言には「はっきりと区切りをつける」というイメージがある(489「言」を見よ)。このイメージは「けじめをつける」というイメージにも展開する。絲(=糸)は連続したものである。連続した糸に区切りやけじめをつけようとするが、けじめがつかずずるずると続いて絶えない状態になることが䜌の図形的意匠である。『説文解字』に注釈をした段玉裁(清朝の言語学者)は「糸を治むるに紛し易く、糸また絶えざるなり」と説明している。䜌の図形的意匠から、「もつれて乱れる」と「ずるずると続いて絶えない」という二つのイメージが読み取れる。これらは恋・蛮・湾・巒・攣などのコアイメージとなっている。變も同じである。
䜌は「もつれて乱れる」「もつれてけじめがつかない」というイメージ。攴は動作・行為と関係があることを示す限定符号。したがって變はある事態がもつれてけじめがつかない状況を暗示させる図形である。この意匠によって、本来とは違った(正常ではなI)事態になることを表す。これが変化・異変の変である。
 

「返」

白川静『常用字解』
「形声。音符は反。反は崖(厂)に手(又)をかけて攀じ登ろうとする形で、身体がひっくりかえる、かえることをいう。辵(辶)には走る、行くの意味がある。“かえる、もとへかえる、かえす、もどす” の意味に用いる」

[考察]
言葉からではなく、字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。反(崖に手をかけて攀じ登ろうとする)+辵(走る・行く)→かえる・もとへかえるという意味を導く。
崖に攀じ登ることからなぜ「かえる・もとにかえる」という意味が出てくるのか、全く理解しがたい。1505「反」では「崖が急であるため、身体がひっくり返ることをいう」と説明している。「ひっくり返る」がなぜ「元にかえる」の意味になるのか、これも分からない。ひっくり返ったら裏返しになり、元の状態ではない。
崖に登る→崖が急である→ひっくり返る→元にかえる(もどる)という意味展開は必然性がない。 
白川漢字学説には形声の説明原理がない。形声の説明原理とは言葉の視点に立ち、言葉の深層構造へ掘り下げ、コアイメージを捉えて、意味を説明する方法である。この方法がないと意味の展開を合理的に説明することができない。意味とは「言葉の意味」であって、言葉の使われる文脈からしか出てこない。古典における文脈から意味を確かめるのが先決である。
 原文:可以往、難以返、曰掛。
 訓読:以て往くべく、以て返り難きを掛と曰ふ。
 翻訳:行くことはできるが戻るのが難しい地形を掛[進退がひっかかって邪魔される]の地形という――『孫子』地形

返はもと来た方へ戻るという意味で使われている。これを古典漢語ではpiuăn (呉音でホン、漢音でハン)という。これを代替する視覚記号しとして返が考案された。
返は「反(音・イメージ記号)+辵(限定符号」と解析する。反については1505「反」で述べたので、再掲する。
反の意味に共通するイメージは「←→の形にはね返る」「⁀の形に反り返る」というイメージである。弾力性のあるものが←の形にはね返ると→の形に元に戻る。反の「反り返る」「はね返る」「ひっくり返る」「そむく」という意味は「←→の形にはね返る」というコアイメージから生まれる意味である。これをpiuănといい、反の図形で表記するのである。反は「厂+又」という舌足らず(情報不足)な図形であるが、「←→の形にはね返る」というイメージを表すための工夫と見れば、解釈がつく。厂は叚(假)・矦(侯)などにも含まれ、垂れた布の形である。反は垂れた布を手で押す情景と解釈できる。これによって、弾力性のあるものが反(そ)ってまた元に戻る場面が造形され、「←→の形にはね返る」のイメージを表すことができる。また「⁀の形に反り返る」というイメージも表せる。反のように多義的な言葉の意味構造はコアイメージを捉えないと合理的に説明できない。反のコアイメージを捉えると、反のグループ(返・坂・板・版・販・飯・叛)の語源も一挙に説明できる。(以上、1505「反」の項)
このように反は「←→の形にはね返る」というコアイメージを表す記号である。辵は進行・歩行に関係があることを示す限定符号。したがって返は←の方向に行ったものが方向転換して→の方向にもどる状況を暗示させる図形である。この意匠によって、もと来た方へ戻る(かえる)、また、もとの所に戻す(かえす)という意味をもつpiuănを表記する。

「辺」
旧字体は「邊」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は臱べん。自は正面から見た鼻の形。その下はものを置く台の形。方は横にわたした木に死者をつるした形であるから、臱は鼻を上向きにした死者を台上に置く形で、下方は垂れている死体の足である。辵(辶)は走る、行くの意味。異民族と接する辺境・国境のあたりは異民族の邪霊があるところであるから、臱をおいて呪禁とした。邊とは辺境を守るための呪儀である。それで“くにざかい、国境、はし、はて”の意味となる」

[考察]
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。臱を「鼻を上向きにした死者を台上に置く形」としているが、台の上に鼻があり、台の下に「垂れている死体の足」がある。この死体の分裂はどういうことか。字形の解剖に無理がある。また「鼻を上向きにした死者」とは何のことか。特別な意味でもあるのか。また邊は臱(鼻を上向きにして台上に置いた死者)を置いて呪禁として辺境を守るといった意味とするが、こんな意味が邊にあるだろうか。疑問である。
邊はどんな意味で使われるのか。古典の用例に当たる必要がある。
①原文:邊馬顧而不行
 訓読:辺馬は顧みて行かず
 翻訳:ながえの両側の馬は私を振り向いて進もうとしない――『楚辞』遠遊
②原文:上失其道、則邊侵於敵。
 訓読:上其の道を失へば、則ち辺敵に侵さる。
 翻訳:お上が政治にしくじれば、国境は敵の侵略を受ける――『呂氏春秋』先己

①はある地域や範囲の周辺部(端、果て)の意味、②は中央の地から行き尽くした所(国境)の意味で使われている。これを古典漢語ではpān(呉音・漢音でヘン)という。これを代替する視覚記号しとして邊が考案された。
邊は「臱ヘン(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。臱は「自+丙(㓁はその略形)+方」と分析する。自は鼻の形。丙は「↲↳の形に二股に分かれる」「両側にぴんと張る」というイメージを表す記号(1629「丙」を見よ)。方は「←→の形に左右に張り出す」というイメージがある(後に「方」で詳述)。臱は「丙+方(ともにイメージ記号)+自(限定符号)」と解析する。これは鼻の鼻翼を念頭において図形化したもの。鼻翼は鼻筋から両側に分かれ、←→の形に張り出している。この意匠によって、「中心から両側に張り出す」というイメージを表す記号としたのが臱である。図示すると←▯→の形。▯(中央)の左右に視点を置くと、端というイメージが生まれる。辵は進行に関係があることを示す限定符号。したがって邊は中央から端まで行く状況を暗示させる。邊のコアには←▯→の形のイメージがあるので、中央から両側に行った端の意味が実現される。これが上の①。①の文献の辺馬とは車の轅の両側につけられた馬で、二頭立ての馬である。←▯→の形のイメージが明瞭である。②の意味への転義も分かりやすい。
白川学説には言葉という視点がなく、形声の説明原理がなく、コアイメージという概念もないので、字形からしか意味を取り出せない。結果は恣意的な解釈に陥り、あり得ない意味が導かれる。
 

「片」

白川静『常用字解』
「象形。版築に使うあて木の形。あて木の板を左右に立て、その間に入れた土をつき固めて築く城壁などの建築法を版築という。片はそのあて木の一方の形であるから、“一方、かたがわ、かた” の意味となる」

[考察]
版築で使う片方の板の形という説。版築にはもう一方の板もあるはず。これは片の反対向きの爿であろうか。片と爿が対になり、版築の板を構成するというなら話は分かるが、白川は爿は寝台(ベッド)の形としている(877「床」の項)。そうすると片が版築の片方の板というのは信用できなくなる。
片は古来「木」の右半分の形とされている。これが分かりやすい。
字形から意味が出るわけではないので、言葉としての使い方を見る必要がある。
①原文:雌雄片合。
 訓読:雌雄片合す。
 翻訳:雌と雄は半分同士で合体する――『荘子』則陽
②原文:片言可以折獄者、其由也與。
 訓読:片言以て獄を折セツすべき者は、其れ由なるかな。
 翻訳:かたことを聞いて判決を下せる者は由[子路]であろうか――『論語』顔淵

①は二つに分けられたもののうちの片方の意味、②は切れ端、半端なもの、わずかなものという意味で使われている。これを古典漢語ではp'ān(呉音・漢音でヘン)という。これを代替する視覚記号として片が考案された。
片は「木」の右半分を切り取った図形である。この意匠によって、二つに分けた片方を表している。これが上の①。また「二つに分ける」というイメージから切れ端という意味を派生する。これが上の②である。

↑このページのトップヘ