「品」

白川静『常用字解』
「会意。口はㅂで、祝詞を入れる器の形。ㅂを多く並べ、祝詞を唱えて多くの祈りを合わせて行うことを品といい、“しな、しなもの、もろもろ、たぐい、わかつ、しわけ、かず”などの意味に用いる」

[考察]
字形の解釈にも意味の取り方にも疑問がある。祝詞とは口で唱える祈りの文句で、いわば聴覚言語である。これを器に入れるとはどういうことか。これから祈る文句を視覚言語(すなわち文字)に書き写して器に入れるのか。そのためには書写材料が必要である。紙のない時代であるから、帛(きぬ)や簡(竹簡・木簡)を用いたのか。それを器に入れるのか。祈りの文句は内容によっては量が多くなるはず。たくさんの木簡などが器に入るだろうか。これだけでも不思議であるが、祈るためになぜ祝詞を入れた器が必要なのか、これが稀代である。
品の意味を「祝詞を唱えて多くの祈りを合わせて行う」とするが、こんな意味が品にあるはずもない。さらに「祝詞を唱えて多くの祈りを合わせて行う」とはどういうことか。多くの祈りを一度に行うということか。「多くの祈り」とは何のことか。よく分からない。
さらに「祝詞を唱えて多くの祈りを合わせて行う」ことから、なぜ「しな」という意味になるのか。これも全く分からない。意味展開に必然性があるとは思えない。
祝詞説は白川漢字学説の根幹であるが、矛盾を含み、理解するのが難しいと言わざるをえない。
古典における品の用例を見る。
①原文:厥貢惟金三品。
 訓読:厥(そ)の貢は惟(こ)れ金三品。
 翻訳:貢ぎ物は金属の三つのしな[金・銀・銅]である――『書経』禹貢
②原文:田獲三品。
 訓読:田(かり)して三品を獲たり。
 翻訳:狩りをして三つの等級の獲物を得る――『易経』巽

①はしなものの意味、また、しなものを数える助数詞である。 ②はランク付けされたもの(等級、種類)の意味。動詞としてランク付けする(品定めする)という意味もある。これを古典漢語ではp'iəm(呉音でホム、漢音でヒム)という。これを代替する視覚記号しとして品が考案された。
品は口を三つ重ねた図形だが、口は「くち」(ことば)でもよいし、何らかの物と考えてもよい。ともかく重なるように多いものを暗示させている。図形から引き出せる情報はこれだけである。非常に舌足らず(情報不足)な図形である。
さまざまに性質の違うもの(しなもの)をp'iəmというのである。またそれは性質が違うがゆえにランク付けのできるものである。古典漢語では漠然として特定しないものは物ブツというが、性質がさまざまでランク付けを予想するものは品ヒンというのである。また、人間も性質がさまざまで、質の違いでランク付けができる。ランク付けされた人の質を品という。品性、気品の品はこの意味である。