「頻」
正字(旧字体)は「頻」である。

白川静『常用字解』
「会意。步と頁とを組み合わせた形。説文に瀕を正字とし、“水厓なり”とある。頁は儀礼のときの衣冠を整えた人を横から見た姿であるから、瀕は水ぎわでの儀礼をいう字であろう。いまは“しきりに、しばしば”の意味に用いる」

[考察]
字形の解釈に疑問がある。「步+頁」で、なぜ「水ぎわでの儀礼」という意味が出るのか。また、これからなぜ「しきりに、しばしば」の意味になるのか、さっぱり分からない。
古典における頻の用例を見てみよう。
①原文:池之竭矣 不云自頻
 訓読:池の竭(つ)くるは 頻ヒン自(よ)りすと云はずや
 翻訳:池の水が涸れるのは 水際からと言うじゃないか――『詩経』小雅・召旻
②原文:國步斯頻
 訓読:国歩斯れ頻ヒンす
 翻訳:国の運命に危機が迫っている――『詩経』大雅・桑柔
③原文:群神頻行。
 訓読:群神頻(しき)りに行く。 
 翻訳:多くの神がひっきりなしに進んで行く――『国語』楚語

①は水際の意味、②は事態が差し迫る意味、③は時間的に間を置かずに(ひっきりなしに、しきりに)の意味で使われている。これを古典漢語ではbien(呉音でビン、漢音でヒン)という。これを代替する視覚記号しとして頻が考案された。
頻の語源について王力は頻・瀕・浜・辺・墳・濆を同源とし、水際の意味があるという(『同源字典』)。これは意味を表層のレベルで捉えたものだが、深層のレベルで探求したのは藤堂明保である。藤堂は頻のグループ(頻・瀕・顰など)は比のグループ(比・批・妣など)、必のグループ(必・泌・秘・密など)、賓のグループ(賓・浜・嬪など)、また匹・畢・弼・鼻とも同源で、「二つくっつく」という基本義があるという(『漢字語源辞典』)。
「二つくっつく」は▯-▯の形であり、「AとBがすれすれに近づく、接する」というイメージである。水と陸がすれすれに接する所が水際であり、これをbienというのである。
以上は語源だが、字源はどうなっているか。意味は字形から出るのではなく、意味をどのように字形に表現したかを考える。これが字源の見方である。上記の意味をもつbienはどのように図形化されたのか。
頻の篆文は「涉+頁」になっている。これは瀕と同じである。瀕から頻が分化したと考えてよい。瀕は「涉(イメージ記号)+頁(限定符号)」と解析する。涉は徒歩で川を渡ることである(897「渉」を見よ)。頁は頭部や人体、また人と関係があることを示す限定符号。瀕から「人が川を渡る」 の意味を引き出すと、字形から意味を求めることになり、間違ってしまう。そうではなく上記の「水際」の意味を暗示させようとする工夫である。だから瀕は水を渡る際に、徒歩で歩ける浅い所を示す図形と解釈すべきである。水際を図形化するのは難しいので、こんな工夫をしたわけである。
意味はコアイメージによって展開する。「すれすれに近づく、接する」が頻のコアイメージである。これは空間的イメージだが時間的イメージにも転用できる。時間的に接している状態、つまり切羽詰まった状態から②と③の意味に展開する。