「負」

白川静『常用字解』
「会意。人と貝を組み合わせた形。人が貝を背負う形が負で、“おう、背におう” の意味となる」

[考察]
字形から意味を読み取るのが白川漢字学説の方法である。負は人が貝を背負う形だから、「おう」の意味が出たという。しかし字形は貝が人の下にあり、背負う形には見えない。字形から意味を読むのは間違いである。それになぜ貝殻を背負うのか。考えて見れば変である。
意味は「言葉の意味」であって字形から出るものではなく、言葉の使われる文脈から出るものである。古典における負の用例から意味を確かめるのが先決である。
①原文:是任是負
 訓読:是れ任じ是れ負ふ
 翻訳:[作物を]前に抱え後ろに背負う――『詩経』大雅・生民
②原文:虎負嵎。
 訓読:虎、嵎を負ふ。
 翻訳:虎は山の隅を背にする―『孟子』尽心下
③原文:不知彼而知己、一勝一負。
 訓読:彼を知らずして己を知れば、一たび勝ち一たび負(ま)く。 
 翻訳:味方のことを知っていて敵を知らない場合は、勝ったり負けたりする――『孫子』謀攻

①は荷をせおう意味、②は何かを背後にして頼みにする意味、③はまける意味で使われている。これを古典漢語ではbiuəg(呉音でブ、漢音でフウ)という。これれを代替する視覚記号しとして負が考案された。
語源については早くも後漢の『釈名』に「負は背なり」とある。現代では王力が背・北・負・倍を同源としている(『同源字典』)。藤堂明保はさらに範囲を拡大し、負を、北のグループ(北・背)、不のグループ(不・否・ 咅・剖・倍・部)、朋のグループ(朋・崩)、冫のグループ(氷・馮)、副などとともに一つの単語家族にくくり、これらはPÊK・PÊG・PÊNGという音形と、「二つに割れる」という基本義をもつという(『漢字語源辞典』)。
「二つに割れる」は←→の形に反対方向に行くことで、「二つに分かれる」「反対方向にそむく」というイメージと言い換えてよい。物を体に載せる動作として抱・任・担などがあるが、前に抱えるのとちょうど反対に、背に載せる(せおう)行為をbiuəgという。これは「二つに分かれる」「反対方向にそむく」というコアイメージが実現した言葉の一つである。
以上は語源について述べた。次に字源の話になる。
負は「人(⺈は変形)+貝」に分析できる。貝は財貨・財物と関係があることを示す限定符号である。しかし「人+貝」はあまりにも舌足らず(情報不足)な図形で、解釈のしようがない。しかしbiuəgを代替するために作られた図形であることを考慮に入れると、人が財物を背にする状況を示すと解釈してよい。これはあくまで図形的解釈であって、具体的な意味は上の①である。
漢字は「字形→意味」の方向ではなく、「意味→字形」の方向に見るのが正しい見方である。
意味の展開はコアイメージによる。「二つに(反対方向に)分かれる」というイメージから、②のほかに、背を向けてる(そっぽを向く、そむく)という意味に展開する。また、敵に背を向けるという意味が生まれる。これが③の「まける」の意味。白川は「勝負のように“そむく、まける”の意味に用いるのは、負が背・敗とその音が近くて通用することがあるからである」といい、仮借説をとるが、言葉の深層構造を探求しないのが白川漢字学説であるから、意味展開の説明が不十分なのは否めない。
ついでに言うと、数学でマイナスをなぜ負数というのか。これは中国数学の用語である。普通の数(自然数)を正数といい、それと反対向きの数を負数と呼んだ。現代の数直線の考えではゼロから→の方向に進む数に対して←の方向の進む数が負数である。負の「←→の形に分かれる、そむく」というコアイメージとぴったり合う(『数の漢字の起源辞典』)。