「哀」

白川静『常用字解』
「衣と口とを組み合わせた形。衣は襟もとを合わせた衣の形。口は ᄇ(さい)で、神への祈りの文である祝詞を入れる器の形である。人が死ぬと、死者の衣の襟もとにᄇをおいてお祈りをする。こうして死者をあわれみ、死者の魂をよびかえす儀礼を哀といい、‘あわれ、あわれむ、かなしい’の意味に用いる」

[考察] 
字の形 から意味を引き出すのが疑問である。「死者をあわれみ、死者の魂をよびかえす儀礼」が哀の意味だというが、これは字形(文字面)の解釈に過ぎない。 哀は古典ではただ「かなしむ」の意味で使われており、決して「死者をかなしむ」という意味ではない。例を挙げよう。
①原文 我心傷悲 莫知我哀
 訓読 我が心傷悲す 我が哀しみを知るもの莫し
 翻訳 私の胸は痛んだが、私の悲しみを誰が知ろう――『詩経』小雅・采薇
②原文   哀我人斯 亦孔之將
 訓読   我が人を哀れみ 亦(また)孔(はなは)だ之を將(おおい)にす
 翻訳 つわものどもをあわれんで、大いに力づけ励ました――『詩経』豳風 ・破斧

①はただ「(心がいたみ)かなしむ」の意味であって 、死者という意味素は含まれていない。②は「気の毒に思う、あわれむ」の意味で使われている。

白川漢字学説 では、字形の解釈をストレートに意味とするため余計な意味素が入り込むという特徴がある。意味は字形から来るのではなく、言葉の意味、すなわち古典漢語の意味である。それは古典における具体的文脈で実現されるものである。用例がなければ意味の取りようがない。
白川説でなぜ死者が出てくるかと言えば「口」を「祝詞を入れる器の形」とするからである。神主が唱える祝詞は分からないでもないが、祝詞を入れる器というのは何なのか。祝詞を文字に写し、それを書いた布(紙の発明ははるか後世)を器に入れるのであろうか。なにゆえ、何のために?よく分からないことである。
そもそも祝詞は口で唱える言葉であり、これをわざわざ文字で表記する必要があるだろうか。もし文字で表すとすれば、高度の抽象的な言葉を再現させる文字がすでに発明されていなければならない。死者をあられむことが「哀」だとすれば、哀もすでに発明されているはずである。
また死者の襟元にその器を置くというのもよく分からない。死者の襟元に祝詞を入れる器を置くという習俗(?)は確証のしようがない。想像の産物としか思えない。
「口」を「祝詞を入れる器」と解釈するのは白川漢字学説の根幹である。もしこれの確証がなければ白川漢字学説は崩れてしまう。民俗学で構築される古代文化学説も根拠を失うだろう。白川説が正しいと考えている後学の人たちは確証を示す必要がある。

哀はどのように解析すべきか。「衣(音・イメージ記号)+口(限定符号)」と解析する。衣は「ころも」という実体ではなく、イメージだけを用いている。実体にこだわると「かなしむ」と関連づけるため死者の衣という解釈が生まれるが、衣は死者とは何の関係もない。実体ではなく機能に着目するのが漢字を見る正しい眼である。では衣の機能とは何か。それは肌を隠すことにある。「衣は隠なり」というのが古人の言語意識である。
なぜ古人は「衣+心」で「かなしむ」を表そうとしたのか。「衣+心」はきわめて舌足らず(情報不足)な図形といわざるを得ない。
字源がはっきりしないときは語源を研究する必要がある。いや漢字の研究はまず語源から出発し、次に字源に移るのが正しい筋道である。「哀は愛なり」というのが古人の語源意識である。愛と哀はもちろん表層的な意味は違うが、深層において共通点があるという意識が「哀は愛なり」の表明である。愛の深層(コア)のイメージは「いっぱい詰まる」「中がふさがる」ということである(「愛」の項参照)。相手に対する思いで胸がいっぱい詰まる心理が愛である。胸にいっぱい詰まる感情は恋愛だけではない。苦悩・苦痛・悲痛の感情がいっぱい詰まることもある。心が痛んでその思いがいっぱい胸に詰まることを古典漢語で・ər(推定の上古音)というのである。
この聴覚記号を視覚記号に変換すべく生まれたのが「衣+口」の哀である。衣は隠すというイメージだけが取られる。隠すとは周囲を覆って中にふさいで見えないようにすることであるから、「中にふさぐ」「いっぱい詰まる」という愛と共通のイメージを表すことができる。ところが限定符号は心ではなく口が選ばれた。これはなぜか。愛の場合は限定符号として夊(ひきずる足)が選ばれた。思いが胸に詰まって足が進まない状況を設定したのが愛である。一方、心が苦痛でふさがりため息を出す状況を設定するために口を限定符号として哀が作られた。足と口の違いで、一方は愛、他方は哀という図形が成立する。