「悪」
正字(旧字体)は「惡」である。 

白川静『常用字解』
「形声。音符は亞(亜)。亞は地下の墓室の平面形。そこは死者の住む所であるから、生きている人にとっては快い場所ではなく、忌み謹むべき所である。その忌み謹む思いを悪といい、‘にくむ’ の意味となる」

 [考察]
形声とあるが、意味の解釈は会意そのものである。亞と惡の音のつながり(語の関係)が分からない。むしろ音は無視されている。
字形から意味を導くのが白川漢字学説である。 亞は墓室(『字統』では玄室の意味とする)→忌み謹むべき所とし、忌み謹む思いの意味の惡が生まれたという。

字の形は意味をもつだろうか。だいたい意味とは何なのか。言語学では意味とは言葉の意味である。記号学的に言えば、記号素(意味をもつ最小単位)を成り立たせる二要素の概念・イメージの部分が意味である。
ソシュールによれば
        能記(意味するもの、音声的要素)
   記号素= ――――――――――――――――
        所記(意味されるもの、意味的要素)

このような図式で表される。 音と意味が結合したものが言葉である。言葉の純化された単位を記号素という。
古典漢語では一音節のまとまりが言葉であり、これがそのまま記号素となる。一音節の記号素が漢字 一字で表記される。漢字を図形素と呼べば、漢字の図式は次のようになる。
            音(能記の音声部分)
   図形素(漢字、形)=―――――――――― 
            義(所記の意味部分)

漢字に形・音・義の三要素があるというが、漢字に属するのは形だけで、音と義は言葉に属するものであることが分かる。
意味とは言葉の意味であって、形から意味が出てくるわけではない。では言葉の意味はどうやって分かるのか。古典の用例、すなわち具体的な文脈から意味を取ることができる。文脈における語の使われ方が取りも直さず意味である。用例がなければ意味もない。文脈に使われていない漢字の意味というのは推測に過ぎない。
形から意味を引き出す白川漢字学説は言語学的に誤りというほかはない。

では惡をどう解釈するか。字源の前に語源を究明し、更にその前に古典での使用例を見る必要がある。『老子』に次のような文章がある。
 原文:上善若水、水善利萬物而不爭、處衆人之所惡。
 訓読:上善は水の若(ごと)し、水は善く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に処る。
 翻訳:最高の善は水のようだ。水は万物に恵みを与えるだけで、争うことはしない。大衆のいやがる所にいる―― 『老子』第八章
いやがる、むかつく、要するに胸がむかむかする気分、嫌悪の悪(オ)である。相手をにくむ心理も胸がむかつく気分の一種である。気分がむかむかする→いやになる(にくむ、きらう)→いやな感じを与える(わるい、わるい事柄)と意味が展開する。
むかつく気分、いやな感じを表す古典漢語が・ag、また語尾が少し変化して・akという。この聴覚記号を図形化したのが惡である。「亞(音・イメージ記号)+心(限定符号)」と解析する。亞は音を暗示させると同時に、語のコアイメージを 表す記号である。亞と惡の関係は何であろうか。
亞はすでに述べたように「上から押さえつける」というコアイメージをもつ記号である(1「亜」を見よ)。亞は建物の基礎の図形であるが、実体そのものに重点があるのではなく、その機能、属性に焦点を置く。基礎は建物を上に載せる。だから「上から押さえる」とうイメージを表すことができる。実体にこだわると亞は墓室で、人の嫌う場所だから「きらう」という意味が出るといった解釈が生まれる。実体ではなく機能を重視するのが漢語の意味論の特徴である。亞はただ「上から下のものを押さえつける」というイメージだけが用いられるのである。形声の原理とはこれである。のっぺらぼうにA+B=Cとするのは従来の会意的解釈法だが、A×B=Cのように、Aのイメージから飛躍させてCにつなげるのが形声の方法である。例えば青の「汚れがなく澄み切る」というコアイメージを日(気象)の領域に限定したのが晴(はれる)であると解釈する。
「亞+心」でむかつく気分を表せるのか。何かよくないことに触れて、気分がわるくなることはしばしば体験することである。心理的には何かに押さえられて捌け口がないためにむかむかするような感じである。むかつく気分とはこのような重圧・抑圧に耐えきれず噴出させようとするが捌け口がなく出られない気分である。これは古今東西変わらない心理状態である。かくて古人は「上から押さえつけて上に出られない」というイメージをもつ亞とのつながりから惡という心理語を創造したのである。