「圧」
正字(旧字体)は「壓」である。

白川静『常用字解』
「会意。厭と 土とを組み合わせた形。厭(たる、いとう)は犬の骨つきの肉([曰+月])を厂(崖の形)の下におき、土地のお祓いをする意味で、これを厭勝(まじない)という。壓は土地に対して厭勝を行い、まじないの力で土地にひそむ邪気を押さえ、土地を祓い清めることをいい、‘おさえる、しずめる’の意味となる」

[考察]
 『説文解字』以来、厭を音符とする形声文字とするのが通説だが、白川漢字学説は形声の説明原理を持たないため、会意的に説く。もし会意で説けない場合は解釈を放棄する。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の最大の特徴である。白川はこの方法を「字形学」と称している。しかし字形が意味を表すだろうか。

意味とはいったい何か。白川漢字学説ではこれの定義がない。言語学では意味は言葉(記号素)の二要素の一つとする。音と意味の合体したものが言葉(記号素)である。要するに意味とは言葉の意味である。
意味は脳に貯えられる観念(概念・イメージ)である。この観念は音波という物質(物理現象)と分かち難く結ばれている。意味だけがあるわけでも、音だけがあるわけでもない。二つが結合してはじめて言葉が成り立つ。
言葉は聴覚的な記号である。目に見えない。目に見えない記号を視覚的記号に変換したものが文字である。これは図形であり、目に見える。言葉と文字は性質の全く異なる二つの記号であるが、文字の前提に言葉がある。 歴史的にも論理的にも文字より言葉が先である。
言葉の学問として言語学がある。言語の表記を扱う分野に文字論がある。文字論は言語学という学問の一つの分野と理解すべきである。
ところが中国では古くから文字と言葉が混同されてきた。漢字は言葉だと勘違いされた。だから漢字の研究が先に始まり、言葉(漢語)の研究は非常に遅れた。文字と言葉の関係が現在に至るまで曖昧のままである。文字と言葉が混同されている限り、正しい学問はあり得ない。
白川漢字学説は言葉と文字を混同した最後の最大の学説である。

さて白川は厭を「犬の骨つき肉を崖の下におき土地のお祓いをする」の意味としているが、図形的解釈をそのまま意味としている。図形の解釈と意味は同じではない。だいたい形に意味があるはずもない。
そもそも犬の骨つき肉を崖の下に置くとは何であろうかという疑問も湧く。この行為が土地のお祓いになるのかも疑問である。
厭と土を合わせた壓は「土地に対して厭勝を行い、まじないの力で土地にひそむ邪気を押さえ、土地を祓い清める」の意味だという。これも図形的解釈と意味が混同されている。壓の意味はただ「押さえる」だけである。他はすべて余計である。図形的解釈を意味に置き換えると余計な意味素が紛れ込む。意味とは言葉の意味であり、具体的文脈に現れた語の使い方である。

では古典で壓はどのように使われているかを見よう。『春秋左氏伝』に次の文章がある。
 原文:仲壬夢天壓己弗勝。
 訓読:仲壬、天の己を壓して勝(た)へざるを夢みる。
 翻訳:仲壬[人名]は天が自分を押さえつけて耐えられなかった夢を見た――『春秋左氏伝』昭公二年
古典の注釈では「壓は鎮なり」「壓は抑なり」「上より下に加ふるなり」などの訓がある。「(上から下に)押さえつける」という意味であることは明白である。

白川漢字学説とは全く違う方法で壓を解釈してみよう。
「厭(音・イメージ記号)+土(限定符号)」と解析する。厭は「猒(音・イメージ記号)+厂(イメージ補助記号)」と解析できる。更に猒は「肰+甘」と分析できる。肰は「肉+犬」で、然の上部と同じ。甘は物を口に入れる形。したがって猒は犬の肉を味わう情景を設定した図形である。古代では犬は食用とされたらしい(古典に犬羹[犬のあつもの]という語がある)。「食べ飽きる」「飽きる」という意味をもつ語を図形に表したのが猒である。
猒に厂を添えて厭が作られた。厂は覆いや蓋をかぶせることを表すための補助記号である。なぜこんな記号をつけたのか。それは「いやになる」という意味をもつ・iamという語を表記するためである。食べ飽きていやになる状況を作り出すために「猒+厂」の図形が考案された。
いやになるほど食べ飽きるのは満腹の状態である。いっぱい詰まって圧迫感のある状態である。だから「食べ飽きる」のイメージから「何かの圧力がかかって押さえつける」というイメージが生まれる。古典漢語では後者を表す言葉は・iapである。かくて・iam(食べ飽きる、いやになる)も・iap(押さえつける)も厭の図形で表記された。前者は厭戦の厭(エン)、後者は厭勝の厭(エフ→ヨウ)である。
ここまで来ると壓の説明は容易である。「何かの圧力がかかって押さえつける」というイメージに特化し、「厭+土」を合わせて、土で押さえつける場面(情景)を作り出したのが壓である。意味は土とは何の関係もない。重力や圧力など上から来る何らかの力を暗示させるのが土である。場面作りのための比喩として土が選ばれた。限定符号を重視すると、土地を祓い清める意味といったあり得ない意味も生まれる。