「囲」
正字(旧字体)は「圍」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は韋。韋は囗イ(都市を取り囲んでいる城壁)の上下に止(足あとの形)が左にめぐり、右にめぐる形で、‘違(めぐ)る’の意味である。都市を守るための行為ならば、‘衛(まも)る’となり、都市をかこんで攻める行為ならば‘圍(かこ)む’となる」

[考察]
白川漢字学説では形声を説明する原理がないので、会意的に説明する。囗を都市を取り囲む城壁とし、都市を囲んで攻めることが圍だと解釈する。図形の解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。
しかし形から意味を導くという方法に疑問がある。形とは語を表記する視覚的要素である。意味は形にあるのではなく、語(言葉、記号素)にある。形に意味があるとするのは錯覚である。

意味とは語(言葉)の意味であり、具体的文脈における使い方である。文脈を離れた意味はあるはずもない。
圍は古典でどのように使われているか。
①原文:用兵之法、十則 圍之。
 訓読:用兵の法は、十なれば則ち之を囲む。
 翻訳:軍を用いる戦法は、[味方の兵数が敵の]十倍ならば包囲することだ――『孫子』謀攻
②原文:帝命式于九圍
 訓読:帝命じて九囲に式(のっと)らしむ
 翻訳:上帝は天命を下して[殷の湯王を]九つの囲った区域[九州]に模範とさせた――『詩経』商頌・長発

①は「かこう」という動詞、②は「かこい」という名詞だが、「周囲を取り囲む」という意味であって、城を囲むとか、囲んで攻めるという意味ではない。「城」も「攻める」も余計な意味素である。

形声文字の説明原理とはどんなものか。圍は「韋(音・イメージ記号)+囗(イメージ補助記号、また限定符号)」と解析する。韋が語の深層構造にあるイメージ、すなわちコアイメージを提供する記号である。
韋のコアイメージとは何か。図形からヒントを得ることができる。韋の上に左向きの足、下に右向きの足があり、中央の「口」は場所を示している。漢字は一般に静止画像しか表せない。アニメ(動画)ではない。しかし静止画像を動画風に読むことはできる。ある場所において、左向きの足が方向を転じて、次の場面では右向きになっている。これを一連の時間の流れに置くと、足はある物の周りを一巡することになる。このように静止した画像を頭の中で動きのある画像に空想することができる。漢字の造形法にこのような動画風の手法がある。
もう一つ例を挙げると、危険の「危」。厂(がけ)の上にひざまずいた人、下にかがんだ人が配置されている。これを時間の流れに置くと、がけに臨む人が落ちてかがんだ恰好になる。この図形も静止したものを動かすことで「あぶない」という状況を作り出している。

さて韋のコアイメージは「物の周りをぐるりと回る」「物の周りをぐるりと取り巻く」 と捉えることができる。歴史的には逆にそのようなコアイメージを韋に図形化したのである。そのようなコアイメージをもつ語(古典漢語)がɦiuərであり、具体的文脈で「ぐるりと取り囲む」という意味として実現される。この聴覚記号を「韋+囗」を合わせた圍という視覚記号で表した。