「唯」

白川静『常用字解』
「会意。隹(とり)の前にᄇ(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)をおく形。古い字形では隹だけを使うこともある。隹は小さな鳥の象形。鳥は神の使者と考えられて、しばしば鳥占いに使われた。唯は‘しかり’、鳥占いによって神意を問うのに対して神がよろしいと聞き入れるの意味である」

[考察]
形から意味を引き出すのが白川漢字学説の特徴である。鳥の前に祝詞を入れる器を置く形から、「鳥占いによって神意を問うのに対して神がよろしいと聞き入れる」という意味を導くが、「隹+口」という簡単な図形から、このような意味が読み取れるだろうか。そもそも「鳥占いによって神意を問う」というのはどういうことか。「神がよろしいと聞き入れる」というのはどういうことか。神が「よろしい」という言葉をしゃべるのか。神とは何のことか。疑問が尽きない。
おぼろげな神秘の世界、あるいは宗教的な精神世界を想定しているのかもしれないが、普通の人には理解することが難しい。唯という漢字の説明として奇妙な感じはぬぐえない。
白川漢字学説では意味の定義がない。当然のごとく形が意味を表すと見なしている。つまり意味とは「形の意味」である。しかし言語学では意味とは「言葉の意味」である。記号素の二要素のうちの意味部分(概念、イメージ)が意味と定義される。音声部分である要素が意味部分と結びついたのが言葉である。耳から入る聴覚映像が言語野に貯えられた概念・イメージを喚起させ、二つが結合して初めて言葉として認知される。簡単に言えば音によって喚起される物事のイメージが意味である。これは脳神経学的な見方だが、実際のコミュニケーションでは、言葉をつなぎ合わせて発話する文脈での言葉の使い方が意味である。文脈がなければ、つまり語の使用がなければ、その語の意味はつかみようがない。
意味とは「形の意味」ではなく、「言葉の意味」である。図形に意味があるように見える。絵画にも意味があるように見える。しかしこの意味とは言葉によって解釈されないと成り立たない。「絵画に意味がある」「国旗に意味がある」「衣服に意味がある」などといっている意味は比喩的用法に過ぎない。言葉なしでは何事も把握できない。言葉が根源である。

白川漢字学説では形の解釈と意味を混同している。意味は文脈でどのように使われているかを調べることによって初めて分かることである。字の形から求めるものではない。唯の用法を見てみよう。
 原文:唯酒食是議 無父母詒罹
 訓読:唯(ただ)酒食を是れ議(はか)り 父母に罹(うれ)ひを詒(おく)る無かれ
 翻訳:[女の子]はただ食事だけを心がけ、父母に心配かけぬよう――『詩経』小雅・斯干

日本語の「ただ」と同じような使い方である。日本語の「ただ」は「対象に向かって直線的・直接的で、何の曲折も、へだてもない意が原義。転じて、このこと、このもの、この一つ以外の何のかざりも加わらず、外の何ものも添わないという意」(『岩波古語辞典』)という。古典漢語では、いくつかある事態の中で、ある事態だけを集中的、重点的に取り上げて、専らそれだけについて言及する場合にyiuər(推定)といい、唯と表記する。上の用例では女子の仕事にはいろいろあるが食事を作ることだけを取り上げて、「専らそれだけ」「それ一つだけ」と言っている。日本語と古典漢語では発想が違う。日本語は直線的に対象を指示するが、古典漢語では重点的に対象を指示する。
このように考察すると、なぜyiuərの視覚記号化に隹が利用されているかが分かる。隹は鳥であるが、実体に焦点があるのではなく、イメージに焦点がある。隹は唯のほか推・維・堆・椎・誰・惟・錐・帷・崔・摧などの基幹記号になり、これらに共通するのは「ずっしりと重い」「(上から下に)重みをかける」「一点に重みを加える」というイメージである。隹は尾の長いという特徴を捉えた鳥とは違い、尾が短くずんぐりとした小鳥、丸みを帯びて下膨れした鳥で、「ずっしりと下に重みがかかる」というイメージを表すための記号として用いられ、隹のグループの語が形成された。
かくて「隹(音・イメージ記号)+口(限定符号)」を合わせた唯でもってyiuərを表記する。この図形の意匠(デザイン、図案)は、一点だけに重みをかけて言う情景、あるいは、あることに重点を置いて述べる情景ということである。これによって「ただ~だけ」を意味する古典漢語yiuərを表記する視覚記号(文字)としたのである。