「移」

白川静『常用字解』
「会意。禾と多とを組み合わせた形。禾は穀物。夕は肉の形であるから、多は肉を重ねた形で、多くの肉。この両者を供えて祭り、災いを他にうつすことを移といい、‘うつす、うつる’ の意味となる」

[考察]
『説文解字』以来、多を音符とする形声文字とするのが通説だが、白川はあえて会意とする。白川漢字学説は形声の説明原理を欠くので、すべて会意的に説くのが特徴である。会意とはAの字とBの字を組み合わせて、意味もAとBを合わせたものとする方法である。しかし会意とはそんなものではない。AとBを掛け合わせて、AとBを超えたCという別の字、別の意味を作る方法である。
白川は穀物を表す字と多くの肉を表す字を合わせた移は、穀物と肉を供えて祭る→災いを他に移す→うつす・うつる、と意味を展開させる。だが「禾+多」の組み合わせから、穀物と肉を供えて祭るという意味を導くのは突飛である。なぜ祭りが出るのか理解し難い。「災いを他に移す」を言いたいため祭りを持って来ただけであろうし、更に「うつす」を言いたいために「災い」を持って来たのであろう。結局堂々巡りの字源説である。
なぜ古典漢語で「うつす」の意味を表す語をyiar(推定)といい、なぜこれを移と表記するのかと論を立てないと、歴史的、論理的な説き方にはならない。まず古典における移の用例から意味を探るのが最初の一歩である。
 原文:唯上知與下愚不移。
 訓読:唯上知と下愚は移らず。
 翻訳:最高の知者と最低の愚者だけは[どんな環境においても]状況や信念がうつり変わることはない――『論語』陽貨

移はある物がAからBに空間的にうつるという意味であることが分かる。災いがうつるという特殊な意味ではない。AからBに飛んでうつるのではなく、A→→→Bのようにずるずると延びてうつるというイメージである。王力(中国の言語学者)は移を延・施と同源とし、延びるという意味があるとしている(『同源字典』)。また藤堂明保は它のグループ(蛇など)、也のグループ(池・施など)、延のグループ(筵など)、曳のグループ(洩など)と同源とし、「うねうねと伸びる、伸ばす」という基本義があるとしている(『漢字語源辞典』)。
語源的に探求すると、yiarという語の深層構造には「横にずるずると延びる」というイメージがあると結論づけられる。このイメージを表現する視覚的な記号(図形)として移が考案された。なぜ多を用いたのか。ここから字源の話になる。しかし字源は語源を反映する。「横に延びていく」というイメージを多で表現できるであろうか。

多は白川が言う通り肉を積み重ねた形である。しかし重なった肉という実体ではなく形態に重点がある。重なる形態は縦軸では〓や≡のようなイメージだが、視点を横軸に換えると▯▯▯のようなイメージになる。これは「ならぶ」「点々とつらなる」のイメージである。視点を換えることでイメージががらりと変わる。多の「上に重なる」のイメージは「横に並ぶ、連なる」のイメージになりうるのである。これを図示すると「・ー・ー・ー・」の形である。上でyiarという語のコアイメージは「A→→→Bのようにずるずると延びてうつる」「横にずるずると延びる」と想定したが、多が「・ー・ー・ー・の形」のイメージを表しうるならば、多を利用してyiarの図形化が行われた理由が明らかになる。
しかし多だけでは具体的な情況が不十分である。抽象的な意味は具体的な情景や場面を呈示することによってしか表現できない。そこでもう一工夫が要る。どんな情況が「横にずるずると延びる」というイメージをうまく表現できるのか。選ばれたのは稲の穂波の情景であった。人工的に植えられた稲は形よく(順序よく)列をなして並んでいる。もし風を受けるとすべてが一定の方向になびいていく。これを波に喩えると、穂が波のように揺れ動いていく情景が想像される。この情景は「・→・→・→・の形」のイメージを表すのにふさわしい。かくてyiarという語の視覚記号として「多(音・イメージ記号)+禾(限定符号)」を合わせた移が成立する。移の図形的意匠は~・~・~の形になびく稲の穂波の情景である。穂波がなびくという意味を表すのではなく、A→→→Bのような形で物が空間的にうつることを意味する古典漢語yiarを表記するのである。
以上、移の語源と字源を歴史的、論理的筋道に叶う説明をした。