「遺」

白川静『常用字解』
「形声。音符は貴。古くは貴の音であったと思われる。貴は両手で貝(子安貝で、古くは宝であった)を捧げ持つ形。辵は歩いて行く行為を示す。貴重な宝である貝を捧げ持って、他の人に‘おくる’ことを遺という。遺るほうからいえば遺り与えることによって失われるので、‘うしなう’の意味ともなる」

[考察]
意味は形にあるとして、形から意味を引き出すのが白川漢字学説の特徴である。形声と言いながら会意的に説くのも特徴的。会意とはAの字とBの字を組み合わせて、Aの意味とBの意味を合わせた意味を引き出すもの。本項では貴(両手で貝を捧げ持つ)と辵(歩いて行く)とを合わせて、「貴重な宝である貝を捧げ持って、他の人に‘おくる’こと」という意味を捉える。

問題は形に意味があるかということである。意味とは何か。言語学では意味とは言葉の意味である。言葉は聴覚的な記号である。これは目に見えない。目に見えない記号を目に見える視覚記号に換えたのが文字である。これは図形である。言葉と文字は全く異質の記号である。意味という精神的、観念的な要素は音声という物理的な要素と結合して初めて脳に貯えられる。図形に意味があるのではなく、言葉に意味はある。
形から意味を引き出す白川漢字学説は言語学に反する。形をいくら解剖しても意味は出てこない。形の解釈と言葉の意味は全く別である。白川漢字学説では形の解釈と意味を混同している。その結果、余計な意味素が混入する。ひどいことになると、あり得ない意味を作り出す。 遺の場合、貴重な宝、捧げ持つ、他の人などは余計な意味素である。意味はただ「おくる」であろう。

漢字の成り立ちを探求するには字源だけでは足りない。語源を考えないと半端なものになる。また形→意味の方向に進めると形の勝手な解釈が生まれ、意味にゆがみを生じる。意味→形の方向に進めるのが正しい筋道である。すなわち言葉(聴覚記号)→言葉の意味→視覚記号への変換→図形の成立という過程で漢字の成り立ちを探ることである。白川漢字学説ではこの方向を逆にするだけでなく、言葉を抜きにし、図形→意味と単純化させて字源を説く。逆立ちした字源説といわねばならない。
 
意味は形にはない。ではどうして意味が分かるのか。古典における文脈を調べれば分かる。遺は古典で次のような用例がある。
①原文:將安將樂 棄予如遺
 訓読:将に安んじ将に楽しむとき 予を棄つること遺(わす)るるが如し
 翻訳:心やすらぐ今となって 物を落としたように私を棄てた――『詩経』小雅・谷風
②原文:未有仁而遺其親者也。
 訓読:未だ仁にして其の親を遺(す)つる者有らざるなり。
 翻訳:仁愛がありながら親を捨てたという人間はいまだかつてない――『孟子』梁恵王上

遺は「わすれる」「すてる」「うしなう」「のこす」「おくる」などの訓があるが、どれもとぴったり当てはまらない。基本の意味は「その場を離れてしまう」である。世の中を離れることを遺世(世を去る)という。なぜ離れてしまうのか、その原因に視点を置くと、「わすれる」「すてる」「うしなう」などの意味になる。あるべき物をなくしたのを気づかずに(うっかり落として、忘れて)行ってしまう、これが遺失物の遺。捨てて行ってしまう、これが遺棄の遺。物を後に残して行ってしまう、これが遺言の遺。
このような意味の言葉を古典漢語ではyiuərといい、この聴覚記号を表記するために考案された視覚記号が遺である。なぜ貴が利用されたのか。貴の原形は㬰(=簣・蕢)である。簣は「あじか」と読み、物を詰め込んで運搬する道具である。しかし実体に重点があるのではなく、機能に重点がある。あじかの機能は、空所に物を満たし、次にそれを取り出して空っぽにすることにある。「満たす」と「空っぽ」の状態が交互に来る。貴はこの二つのイメージを表すことのできる記号である(287「貴」を見よ)。手中を満たしているものを落とすと手は空っぽになる。したがって、あるべき物を落としたり、捨てたりして、その場を立ち去ってしまう情景を設定して、「貴(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」を合わせた遺が考案された。