「壱」
正字(旧字体)は「壹」である。

白川静『常用字解』
「象形。 壺の形。壺の中のものが醱酵して、その気が壺の中にみちる状態をいう。壱は中に満ちていっぱいになることをいうので、‘もっぱら’の意味となる。そのみち足りた壺を一杯、一つと数えたので、‘ひとつ’の意味にも用いる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。壺の中に醱酵した気が満ちていっぱいになる→もっぱらという意味を導くが、「満ちていっぱいになる」と「もっぱら」の関係がよく分からない。
字形の解剖にも問題がある。篆文は壺の形の中に明らかに「吉」の字が入っている。『説文解字』が「壺に従ひ吉の声」と解剖して以来、形声文字とするのが通説である。白川は吉を「 ᄇの上に神聖な鉞を置いて、祈りの効果を守ること」としたため、壹の解釈ができないので、壹の全体を象形文字とした。これはどう見ても無理である。

発想を変える必要がある。まず言葉から出発しなければならない。壹はどんな言葉を表すのか。
古典に「壹は一なり」とあり、壹と一の同源意識が古くからあった。壹は・ietを表記する。これは一と同音である。・ietという語が二語に分かれ、表記も一と壹になったというのが語史の流れである。王力(現代中国の言語学者)も壹と一を同源としている(『同源字典』)。

古典における壹の用例を見てみよう。
①原文:志壹則動氣。
 訓読 :志壱なれば則ち気を動かす。
 翻訳:精神が集中すれば、体内の気を動かす――『孟子』公孫丑上
②原文:彼茁者葭 壹發五豝
 訓読:彼の茁サツたる葭 壱発にして五豝
 翻訳:萌え出るアシの茂みに 一発放てばイノシシ五頭――『詩経』召南・騶虞

①は「一つのことに集中する」の意味、②は数が一つの意味である。『詩経』が古い文献だが、『孟子』にある動詞的用法が最初と考えられる。一つだけに集中する→もっぱら(それだけ)という意味に展開する。壹は一と同じく「いっぱい詰まる」がコアイメージで、これから「一つのことに集中する」という意味が実現される。また一つにまとまった状態は統一性のイメージ、二つに分かれていない状態、未分化の状態であり、ここから数量をひとつと数える一と同じ用法が生まれる。

この・ietという聴覚記号に対して壹という視覚記号が考案された。これは「吉(音・イメージ記号)+壺(イメージ補助記号、また限定符号)」と解析できる。吉は「蓋の形+口(穴、入れ物、容器)」を合わせて、物を容器に入れて蓋をする情景で、中に物を詰める、中身がいっぱい詰まるなどのイメージを表すことができる(305「吉」を見よ)。かくて壺の中に何かがいっぱい詰まっている情景というのが壹の図形的意匠である。これによって「一つのことに集中する」という意味をもつ・ietを表記した。