「引」

白川静『常用字解』
「会意。弓と|コンとを組み合わせた形。|は直線であるが、弓の絃を示すものであろう。古い字形がなくて、もとの形を確かめることができない。 矤シンや演も、古くは同じ音であり、いずれも弓を引くことをいう字である」

[考察]
字形から意味を導く説。弓(ゆみ)と|(弓の絃)を合わせて、弓を引く意味としている。
・演も引と同音で、弓を引く意味とするのは少し乱暴である。は矧シンとも書かれ、古典では「いわんや」と訓読される助詞に使われる。演は演義の演(長く引き伸ばす意)で、引・・演は異音異字である。

意味は形から出るのではなく、言葉に内在するものである。字源の前に語源、語源の前に古典での使い方を検討しなければならない。引は次の用例がある。
 原文:黃耇台背 以引以翼
 訓読:黄耇コウコウ台背タイハイ 以て引き以て翼(たす)く
 翻訳:体のしなびた老人の 前に手を引き脇で支える――『詩経』大雅・行葦

引は日本語の「ひく」に当たる。古人は「引は演(延びる)なり」という語源意識を持っていた。王力(現代中国の言語学者)は引・演・延・衍・曳などを同源としている(『同源字典』)。これらはすべて「のびる、のばす」というイメージをもつ。ミミズを蚯蚓と書くが、もとは蚓の一語だけでミミズの意味であった。ミミズは体がずるずると延びた虫である。引には「ずるずると長く延びる、延ばす」というコアイメージがあると考えてよい。ずるずると長く延びる事態をもたらす原因に焦点を当てると、「ひっぱる」という行為である。「ひっぱる」ことと「長く延びる」ことは連続した一連の動作である。
「ずるずると長く延びる」というコアイメージが具体的文脈では「ずるずると手元の方にひっぱる」という意味が実現される。これが上記の用法である。この意味をもつ聴覚記号を視覚記号に変換すると引が生まれる。これは「弓」と「|」(↓の形に長く延ばすことを示す符号)を合わせた図形である。弓に矢をつがえて手元の方にひっぱる情景が図形的意匠になっているが、もちろんそんな意味を表すのではなく、「(手元の方へ)ひっぱる」ことを暗示させるだけである。