「員」

白川静『常用字解』
「象形。古い字形は、円い鼎(もと煮炊きするための青銅器で、祭器として用いる。貝は鼎の省略形)の上に、口の部分が円いことを示す〇(口)を加えたもので、円鼎をいい、‘まるい’ の意味となる。またその全体をまるく包んで圓(円)の字が作られた。員はもと円鼎の数を数えたので、‘かず’の意味に用いる」

[考察]
まず象形という規定がおかしい。鼎が象形で、鼎の上に〇の印を加えているから、会意となるはず。次に形から意味を引き出し、円鼎の意味とするのもおかしい。こんな意味はない。図形的解釈と意味を混同している。 意味はただ「まるい」である。
古典に次のような用例がある。
①原文:規矩方員之至也。
 訓読:規矩は方員の至りなり。
 翻訳:定規とコンパスは方形と円形を描く最高の道具である――『孟子』離婁上

員は「円い、円形」の意味で使われている。この意味を表す古典漢語はɦiuanであり、員と表記された。「まる」のイメージを表すには「〇」の記号がふさわしいが、古代では「〇」は独立した文字にならなかった。円形は抽象的なので、「丸」や「円い」のイメージを持つ語を図形化するには工夫が要った。ɦiuanに対する図形化は具体的な物である鼎が利用された。鼎の口はほぼ円形である。だから「〇+鼎」を合わせた図形が考案された。篆文の段階で鼎が忘れられ、貝になってしまった。貝では意味を取れないが、ɦiuanを代替する記号として「〇」が含まれていればよい。ところが隷書の段階になると「〇」が「□」(四角形)になって、もはや字形が意味を暗示することはできなくなった。

さて戦国時代に員の使用法に変化が起こり、物や人の数という意味に使うようになった。このため「円い、円形」の意味を表す場合は圓と書かれるようになった。員の新しい用例に次の文脈がある。
②原文:不可蔽員不足。
 訓読:員の不足を蔽ふべからず。
 翻訳:数の不足を覆い隠せない――『商君書』禁使

②の員は物や人の数の意味である。なぜこのような意味に転じたのか。白川は円鼎の数を数えたことからの転義だという。しかし円い鼎を員で数えたという証拠はない。員に円い鼎という意味すらない。ではなぜそのような転義があるのか。これは語のコアイメージを考えれば分かる。員のコアイメージは「まるい」「まるい形」である。このイメージは「まるく囲む、取り巻く」→「枠で囲む」→「取り巻いた一定の枠」というイメージ展開が想定される。物の数を確認する場合、一つ一つと順を追って数えていく場合もあるが、集合した物を大づかみにして数える場合もある。ある集合、集団の中の一つという数の捉え方である。このようにして一定の枠に入った数という意味が生じた。ここから、組織の中の一人の人、メンバー(官員、隊員などの員)という意味に展開する。