「悦」
正字(旧字体)は「悅」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は兌。兄は神への祈りの文である祝詞を入れる器を頭にのせて祈る人の形で、神に仕える祝(はふり)をいう。その祝の上に神気がかすかに降ることを八の形で示したのが兌(よろこぶ、かえる)である。神が反応して乗り移り、うっとりとした状態になっている祝の心を悦といい、‘よろこぶ’の意味となる」

[考察]
兌=「神に仕える祝に神気がかすかに降る」、悦=「神が乗り移ってうっとりした祝の心」の意味とする。
白川漢字学説では形声の説明原理がなく、すべての漢字を会意的に説くのが特徴である。本項も形声ではなく、会意と規定すべきだろう。
字解は疑問だらけである。祝詞を入れる器って何か。祝詞は口で唱える音声言語ではないのか。なぜわざわざ祝詞を視覚記号の文字で書いて器に入れるのか。また文字を書く素材は布や板切れの類であろう(紙はまだない時代)。布や板切れの類を器に入れて頭に載せるとはどういうことか。このような祝(神主)の所作がありうるだろうか。また祝の頭上に神気がかすかに降るとはどういうことか。神気は目に見えるのか、想像か。
どう考えてもぴんと来ない。兌の解釈から、「神が反応して乗り移り、うっとりした祝の心」という意味を導き、これが「よろこぶ」の意味になるという。「よろこぶ」という心理現象を、神の降臨に起源を求めるのは不可解というしかない。

いったい意味はどこにあるのか。意味は言葉の意味というのが言語学の常識である。言葉(記号素)は音声要素(聴覚映像)と意味要素(概念・イメージ)の結合したものというのが定義である。意味は言葉の一要素なのである。言葉の意味はどうして分かるのか。それは発話における言葉の使い方によって分かる。古典漢語でも同じである。古典漢語の聴覚的要素を視覚的記号に置き換えたのが漢字である。漢字が古典の文脈でどのような使い方がなされているかを調べると、漢語の意味が分かる。悦は次のような具体的文脈で使われている。
 原文:以德服人者中心悅而誠服也。
 訓読:徳を以て人を服せしむる者は、中心悦びて誠に服するなり。
 翻訳:徳で人を服従させるなら、心からよろこんで服従するものだ――『孟子』公孫丑上

心が解放されて楽しくなる気分が悦であることが分かる。楽しくなる前に心配の種、憂鬱、わだかまりなど、心にひっかかるものが想定される。何かの理由でそれらが解けて気分がよくなり嬉しいと思う。そういう心理が悦である。これを古典漢語ではyiuət(推定音)という言葉で呼ぶ。この聴覚記号を視覚記号に変換して悅が考案された。なぜこの図形が生まれたか。ここから字源の話になるが、字源は語源と同時に考えないと半端なものになる。勝手な解釈をしないためには語源の歯止めが必要である。
『詩経』や『論語』では悦ではなく説が使われている。これが「よろこぶ」という意味の深層におけるイメージ(コアイメージ)を考えるヒントになる。説は疑問や不明の点を解いてはっきりさせることである(説明の説)。ここから「心配やしこり・わだかまりを解いて心を解放する」という意味に転じる。これが「よろこぶ」という心理動詞である。説は脱と同源の語で、「中身を抜き出す」というコアイメージをもつ。このコアイメージを表す基幹記号が兌である。兌の図形の解釈は鋭の項で詳しく述べた(60「鋭」を見よ)。
以上の通り、「よろこぶ」という心理現象の深層には「中身を抜き出す」というイメージがあり、心配事、わだかまり、しこりなどを抜き出して心を解放させるという意味が実現される。これを意味する語を「兌(音・イメージ記号)+心(限定符号)」を合わせた悅という図形で表記するのである。