「円」
正字(旧字体)は「圓」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は員。員は圓のもとの形で、員エンの音がある。員は円い鼎の上に、口の部分が円いことを示す〇(口)を加えたもので、‘まるい’ という意味があった。のち員が他の意味に使われるようになって、員の外に〇を加えた圓が‘まるい、まる’の意味に使われるようになった」

[考察]
白川漢字学説ではすべての漢字を会意的に説くのが特徴である。会意とはAの字とBの字を合わせたCは「Aの意味+Bの意味」がその意味だとする方法である。本項も員(まるい鼎)+〇(口)=圓(まるい)とする。これは形声ではなく会意である。
員の項では象形とし、円鼎(まるい鼎)の意味としている。つまり円い鼎という意味から「まるい」という意味が出たと言う字源説である。
圓が「まるい」の意味であることは当然だが、形から意味が出てくるという見方に問題がある。この字源説には言葉がすっぽり抜けている。白川漢字学説は意味が形にあるとして、言葉の視座がないのが特徴である。これは逆立ちした字源説である。
意味は形ではなく言葉にある。漢字の意味と言っているのは、形から出る意味ではなく、言葉に内在する意味である。だから言葉を無視した漢字学説は不完全なものである。
どのように圓の字源を説けばよいのか。字源の前に語源、語源の前に語の使い方、つまり用例を見なければならない。用例から意味を知り、その意味をもつ語がどんな形(図形、視覚記号)に表されているかを求める。ここからやっと字源の話になる。
圓の古い用例には次のものがある。
 原文:圓者運不窮。
 訓読:円なる者は運(うご)きて窮まらず。
 翻訳:円(円い形)はぐるぐる回って終わりがない――『易経』繫辞伝上

圓は「まるい」「円形」の意味で使われている。これを意味する古典漢語をɦiuanといい、その視覚記号が圓である。この図形の前には員で表記されていた。員についてはすでに該項で述べているが(40「員」を見よ)、「まるい」という抽象的な意味を具体的な情景を設定することによって暗示させようとした。こうして生まれたのが「〇(まる)+鼎(かなえ)」を合わせた員であった。この意匠によって、「まる」「まるい」を意味する語を表記した。ほぼ同じ頃(先秦時代、周代のある時期)、員は「かず、人員」という意味に転じ、改めて圓が作られ、これによってɦiuanを表記するようになった。圓は「員(音・イメージ記号)+囗(限定符号)」と解析する。囗は囲い、囲われたものと関わることを示す符号である。まるい形に囲うという情景を暗示させる図形になっている。もちろんそんな意味ではなく、意味はただ「まるい」「円形」である。