「縁」
正字(旧字体)は「緣」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は彖タン。織物のへり飾りの部分を縁といい、‘へりかざり’の意味となる。またすべて‘ふち、まわり’の意味に用い、縁故のように、‘つながり、ゆかり’の意味に用いる」

[考察]
白川漢字学説では形声の説明原理がない。すべて会意的に説くのが特徴である。本項では彖からの説明ができないので、やむなく形声としているだけである。
また意味の展開の説明で、「へりかざり」→「ふち、まわり」の展開は分かるが、「ふち、まわり」→「つながり、ゆかり」の展開はぴんと来ない。

古典で緣がどのように使われているかを見るのが先であろう。
①原文:士不得以爲緣。
 訓読:士は以て縁と為すを得ず。
 翻訳:士[卿に次ぐ階層]はそれ[贅沢なもの]を衣服のふちにしてはならない――『戦国策』斉策
②原文:緣之以方城。
 訓読:之に縁(めぐ)らすに方城を以てす。
 翻訳:周囲に方城をめぐらした――『荀子』議兵
③原文:緣道理以從事者無不能成。
 訓読:道理に縁(よ)りて事に従ふ者は成す能(あた)はざるは無し。
 翻訳:道理によって事に当たれば成らざるものはない――『韓非子』解老

①は衣のふち飾り(フリル)の意味、②は周囲にめぐらす意味、③はルート(筋道)により沿う意味で使われている。①→②の展開は分かりやすいが、③は①・②とは少し断絶が感じられる。前者から後者への展開の仕方は、語の深層構造を捉えないと理解できない。
実は緣は「垂れ下がる」と「ルートに従う」の二つのイメージが同居する語なのである。『説文解字』では「緣は純なり」とあり、衣のへりに垂れ下がる飾り(縁飾り、フリル)としている。この意味の場合のイメージは「↓の形に上から下に垂れ下がる」である。視点を変えて垂直の方向を水平の方向にすると、「→の形に線条的に沿って行く」というイメージに転化する。「ふち飾り」は縦方向に見ると垂れたものだが、横方向に見るとへりに沿って行くものでもある。このように視点の違いでイメージが違ってくるのである。段玉裁(『説文解字注』を書いた清朝の古典学者)は「緣なる者は其の辺に沿って之を飾るなり」とうまく説明している。だから緣には「垂れ下がる」と「ルートに従う」という二つのイメージがあるのである。

次に図形から緣を見てみよう。なぜ彖という記号が使われているのか。彖は頭の大きなブタを描いた象形文字である。こんなブタはたいてい腹も太く重い。だから「重く垂れ下がる」のイメージを表す記号になりうる。椽テン(たるき)・篆テン(線が垂れたような書体)・櫞エン(大きな果実が垂れ下がるマルブシュカン)などに、このイメージが生きている。だから衣の裾に垂れ下がるフリルを「彖(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」を合わせた緣によって暗示させる。
「垂れ下がる」というコアイメージが「ルートに従う」というイメージに転化すると捉えれば、意味の展開がスムーズに理解できる。「垂れ下がる」のイメージが「衣のフリル」の意味を実現させ、ふち取りをつけるという動詞、物のふち・へりの意味(周縁・外縁の縁)、周囲に繞らす意味に展開する。「ルートに従う」というイメージから、ルートに寄り沿って行く(よる)という意味、寄り沿って出てきたもと(原因・理由・わけ)という意味(由縁の縁)、それをきっかけにして生じた関係(つながり・手づる・えにし)という意味(縁故・血縁の縁)に展開する。