「殴」
正字(旧字体)は「毆」である。

白川静『常用字解』
「会意。區は匸(秘密の匿されている場所)に多くのㅂ(祝詞を入れる器)をおいて祈る場所の意味である。祈るとき、ㅂを殳(つえぼこ。杖のように長いほこ)で殴(う)ち、神霊をおどして祈りが実現するように求めることを殴といい、“うつ、たたく、なぐる” の意味となる」

[考察]
疑問点が多い。①「秘密の匿されている場所」とは何のことか。イメージが湧かない。②「秘密の匿されている場所に多くの祝詞を入れる器を置いて祈る」とは何のことか。區にそんな意味はあり得ない。③「祈る時に祝詞を入れる器をほこで打って、神霊を脅して祈りが実現するように求める」とは何のことか。殴にこんな意味はない。
形の解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。しかし意味とは何か。意味とは「言葉の意味」以外にありようがない。文字は言葉を表記する手段である。文字は言葉を抜きにしては成り立たない。言葉と関係があるからには、意味とは言葉の意味であることが明白である。白川漢字学説では言葉という視点がないから、字形に意味を求めようとする。これは言語学に反する。

言葉を視野に入れた漢字の見方は、形→意味の方向ではなく、意味→形の方向に軸足を置く必要がある。まず言葉から出発する。「鞭や棒で打ちたたく」という意味の語が・ugであり、これの表記が毆という図形(視覚記号)である。これの意味は次の文脈で確かめられる。
 原文:良愕然欲毆之。
 訓読:良、愕然として之を殴(う)たんと欲す。
 翻訳:張良は驚いて彼を棒でたたこうとした――『史記』留侯世家

次に、その意味をもつ語がなぜ「毆」という図形で表記されたのかを究明する。 歐・傴・嫗・謳など似た音をもつグループから、それらに共通のコアイメージが演繹される。これは語源的研究による。それは「曲がる」というコアイメージである(93「欧」を見よ)。鞭や棒で打ちすえると体は曲がってしなる。このような状況を暗示させるために「區」を用い、「區(音・イメージ記号)+殳(たたく動作と関係があることを示す限定符号)」を合わせて「毆」が造形された。鞭や棒でたたくことは原因、体が曲がることは結果である。原因を表すのに結果で代替させるのは比喩法の一つで、換喩的レトリックである。