「奥オウ」
正字(旧字体)は「奧」である。

白川静『常用字解』
「会意。宀は祭祀をする建物の屋根の形。釆は獣の掌の形。廾は左右の手を並べた形。両手で獣の掌の肉をお供えして祭る室の隅を奧といい、そこは家の中ではいちばん奥深く神聖な場所である。それで奧は“おく、ふかい” の意味となる」

[考察]
形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。字解に疑問がある。①宀をなぜ祭祀の建物に限定できるのか。②釆は獣の爪という解釈もあるが、なぜ獣の掌の肉になるのか。③奧がなぜ獣の肉を供える室の隅になるのか。獣の肉を祭る室という建物は存在が疑わしいし、そこから室の隅が出るのも突飛である。
図形の解釈は納得し難い。図形の解釈と意味を混同している。奧にそんな意味があるはずもない。意味とは言葉の意味であり、言葉を使用する具体的文脈に上のような意味がないからである。
ではどんな意味で使われているか。字源の前に用例を見てみよう。

 ①原文:瞻彼淇奧 綠竹青青
 訓読:彼の淇の奧を瞻(み)れば 緑竹青青たり
 翻訳:あの淇の川のくまを見ると、緑の竹がすがすがしい――『詩経』淇奥
②原文:與其媚於奧、寧媚於竈。
 訓読:其の奥オウに媚びんよりは、寧ろ竈ソウに媚びよ。
 翻訳:奥の神様のご機嫌を取るよりも、かまどの神様のご機嫌を取れ――『論語』八佾

 ①は奥深い所(山や川などの奥まった所)の意味で使われ、②は注釈によれば部屋の西南の隅の意味で使われている。文献的には①が古く、「奥深い」「奥深い所」という意味が先行したと考えられる。
字源の前に語源を究明する必要がある。中国の古典学者や言語学者は奥・幽・杳・窈が同源で、「深い」の意味があるという。藤堂明保はそれらのほか、夭のグループ(妖など)、憂のグループ(優など)も同じ単語家族に入れ、「ほそい・かすか」という基本義があるという(『漢字語源辞典』)。この研究から・ogという語は「暗くて(かすかで)見えにくい」というコアイメージをもつと断定してよい。このコアイメージが具体的文脈では1の「奥深い所」や2の「部屋の西南の隅」という意味を実現させるのである。
ではなぜ「奧」という図形が生まれたのか。ここから初めて字源の話になる。奧は「𢍏(イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析できる。𢍏は巻(まく)や拳(こぶし)に含まれる記号である。両手を丸める形、あるいは握りこぶしをつくる形である(213「巻」を見よ)。握りこぶしを作って、その中に何かを丸く囲い、閉じ込める。このようなしぐさを表す図形が𢍏である。したがって𢍏は「周囲を囲って中に閉じ込める」というイメージを表す記号になる。かくて「家の中で、周囲を囲って中を見えないようにした薄暗い場所」というのが「奧」の図形的意匠である。この意匠によって、「奥深い」「奥深い所」を意味する・ogの視覚記号とする。
②は奥の神様という意味なので祭祀と縁がある。しかし祭祀に囚われると語の深層構造が見えなくなる。まして「獣の肉を供える室の隅」などといった解釈は一面的で言葉の意味を正しく捉えたことにならない。