「横」
正字(旧字体)は「橫」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は黄。黄は腰に着ける佩玉の玉の形。横はもと扉の貫の木に用いる横の木をいう。それより縦・横の“よこ”の意味に用いる」

[考察]
疑問点が二つある。①佩玉とかんぬきに何の関係があるのか分からない(説明がない)。②縦が従順の意味、横が悪い意味とは解せない。放縦の縦は「ほしいまま」の意味である。転義の説明になっていない。
形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、限界があると言わざるを得ない。というよりもこの文字学の方法は誤りである。というのは言葉が抜け落ちているからである。

漢字の成り立ちを知るためには言葉から出発しなければならない。形→意味という軸から、意味→形の軸に方向転換させる必要がある。
「よこ」を意味する古典漢語はɦuaŋであり、この聴覚記号が「橫」という視覚記号に変換された。次の用例で確かめられる。
 原文:禁野之橫行徑踰者。
 訓読:野の横行径踰する者を禁ず。
 翻訳:田野で横や縦にむやみに突っ切ることを禁止する――『周礼』秋官・野廬氏

橫はもとから「よこ」の意味であって「かんぬきの横木」は字形の解釈から生まれた後世に付加された意味である。方位の観念が先に生まれた。人(自分)を中心にして南の方角を向くとき、右が西、左が東で、←・→の形になる。この場合は東西の線が横(よこ)である。その反対が縦(たて)である。しかし向き方次第で南北の線も横になり、縦と横は相対的な方位である。
縦横の方位を古人はどのような発想からつかんだのであろうか。人が並ぶと▯-▯-▯-の形に点々と並ぶ。一直線の列を作る。これを上下に見るとたての列になる。ここから「たてにまっすぐ延びる」というコアイメージをもつtsiuŋという語と、その図形的表示である从→從→縱という視覚記号が発生する。これが縱(たて)の起源である。一方、「四方(上下左右)に広がる」というコアイメージをもつ語が存在し、左右に焦点を置くと「←・→」の形のイメージに展開する。「中心から四方に広がる」というイメージをもつ語の一つが黄(ɦuaŋ)である。これは四方(上下左右)のイメージをもつが、縱(上下の方位)に対するものとして、左右に視点を置いて、「黃(音・イメージ記号)+木(限定符号)」を合わせて「橫」が成立した。図形的意匠は左右に延びた木(よこ木)を暗示させるが、「左右の方位(よこ)」という抽象的な意味をもつɦuaŋの代替記号とするのである。