「屋」

白川静『常用字解』
「会意。尸は尸(かたしろ)であるとする説もあるが、屋根の形であろう。至は一の上に逆さまの矢の形をかき、放たれた矢が到達するところをいう。屋は殯(かりもがり)の建物で、その建物の場所は神聖な矢を放って占い、その矢の落ちた地が選ばれた」

[考察]
形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。 しかし形の解釈をストレートに意味とするため、意味がゆがむか、意味を取り違えるか、余計な意味素が混入するという傾向がある。これは白川漢字学説に言葉という視点がないことに起因する。
意味とは言葉の意味であって、それ以外にない。 「屋」で表記される言葉(古典漢語)は古典の文脈でその意味が捉えられる。次の用例がある。
 原文:誰謂雀無角 何以穿我屋
 訓読:誰か謂はん雀に角無しと 何を以て我が屋を穿つ
 翻訳:雀に角がないなんて誰がいう 屋根のてっぺんに穴あけたのに――『詩経』召南・行露

屋は屋根の意味で使われている。これが最初の意味で、換喩的レトリックにより、建物の意味に転義する。 「かりもがりの建物」というような意味はない。「至」に矢が含まれ、矢を実体として解釈することから、あり得ない意味が導かれた。このような漢字の解釈から、逆に、死体を屋で風化させてから本葬するといった習俗の根拠としている。漢字の解釈の根拠を習俗に置き、古代習俗が漢字で根拠づけられる。堂々巡りの字源説である。

古典漢語で屋根のことを・ukという。これは聴覚記号である。これの表記のために視覚記号の「屋」が考案された。屋はどんな意匠で造形されたか。「至(イメージ記号)+尸(限定符号)」と解析する。至は室でも用いられる記号である。至は進んできたものが最終地点にいたるという意味である(「至」の図形は矢が対象物、あるいは地面に届く形)。図示すると→|の形である。「いたる」という意味のコアには「これ以上は進めない」「究極のところ」というイメージと、→(進んでくるもの)と|(対象物)の間隔がぴったりくっつく、言い換えれば「(二つのものの間に)隙間がなくなる」「ぴったりふさがって隙間がない」というイメージがある。建物の屋根は本体の上に隙間なく覆いかぶせるものである。だから至の「(二つの間に)隙間がない」「隙間なくかぶさる」というイメージを利用して、「至(イメージ記号)+尸(限定符号)」を合わせた「屋」が考案されたのである。尸は尾・尻などは尻や人体に関わる限定符号だが、屋や層・屚(漏の旁)などでは屋根と関わる限定符号である。