「下」

白川静『常用字解』
「指事。掌を伏せ、その下に指示の点をつけて掌の下を示し、“した” の意味を示す」

[考察]
白川漢字学説は漢字の形から意味が生まれるとする学説である。掌を伏せてその下に点をつけることから、「した」の意味が出てくるという。しかしこれは逆立ちした漢字の説き方である。言葉がすっぽり抜け落ちている。「した」を意味する言葉を「下」という図形で表記したというのが歴史的かつ論理的な説明である。図形の解剖はその後で考えることである。意味は言葉にあって字形にはない。

「した」を意味する古典漢語はɦăg(推定)である。これは聴覚記号である。視覚記号に換えて「下」という図形が考案された。「下」は古典に次の用例がある。
 原文:殷其雷 在南山之下
 訓読:殷たる其の雷 南山の下に在り
 翻訳:轟き渡る雷は 南山の下にある――『詩経』召南・殷其雷

明らかに空間的な「した」の意味である。上下の観念はどのように形成されたのか。「上」と対比させることによって「下」の語源も字源も明らかになる。
「上」の語源については古典に「上は升なり」「乗は上なり」「乗は升なり」「乗は登なり」などの訓がある。古人は上・乗・升・登などの同源意識があった。藤堂明保は上をTANG、乗・升などをTENGという音形に概括し、同じ単語家族に入れていないが、筆者はこれらは音とイメージが非常に近い関係にあると考える。したがって「上」は尚・升・乗・登・蒸などと同源と見、それに共通するコアイメージを「上に(高く)上がる」と捉える。一方、「下」の語源に言及しているのは藤堂だけである。藤堂は家のグループ(稼・嫁)、仮、夏、胡のグループ(湖)、賈カのグループ(価)、沽、庫、居のグループ(裾・踞・倨・据)などが下と同源で、KAGという音形と、「したの物をカバーする」という基本義をもつ単語家族としている(以上、『漢字語源辞典』)。
ここで字源を考える。まず「上」。甲骨文字や金文では「二」のような形になっている。上に短い線(または点)、下にそれよりやや長い線がある。つまり、下の長い線の上に短い線が乗っている状況を暗示させる図形と解釈できる。筆者は漢字の造形法に「象徴的符号」という概念を導入している。「何」にこだわるとさっぱり分からないが、「如何(いかん、どのよう)」に着目すれば、表そうとするイメージがぴったり捉えられるのである。
次に「下」。これも象徴的符号の概念が当てはまる。「上」とは反対に、短い線(または点)の上にやや長い線(⌒の形や―の形)がある。すなわち「ある物(▬)を⌒の形にかぶせている象徴的符号」と解釈できる。
語源と字源から古代の空間観念を見てみよう。ある基準線の上に乗っかって↑の方向に上がっていく位置がdhiang(上)という語である。これに対し、ある基準線がかぶさって↓の方向に下がっていく位置がɦăg(下)という語である。「上」と「下」は対称的な関係になる。基準に乗っかるのが「上」、基準がかぶさる(基準に覆われる)のが「下」という空間認識を生むのである。

「下」と「上」は同じような転義をする。空間的な位置関係が高い(低い)方の意味から、時間や地位・等級・価値などの順位が高い(低い)方という意味に転用される。