「火」

白川静『常用字解』
「象形。燃えあがっている火の形。“ひ” をいう。火カという音は、はげしく焼けるときの音であるらしい」

[考察]
形から意味が出るというのが白川漢字学説の特徴である。燃え上がっている字形から「ひ」の意味を導く。白川漢字学説では言葉という視座はないが、本項では珍しく「カ」という音が擬音語だという。しかしm(h)uər(藤堂による再構)という語が物の焼ける音に由来するとは信じられない。

語源的には「火は化なり」という説と、「火は燬キなり」という説が古くからあった。王力(現代中国の言語学者)は火・毀(こわす)・燬(焼き尽くす)が同源という(『同源字典』)。藤堂明保は毀・燬のほかに微・尾・勿・没・民などとも同源として、「小さい、よく見えない、微妙な」という基本義があるという(『漢字語源辞典』)。
huərという古典漢語は火の機能や特徴から発想された語と考えられる。火は物を焼いて跡形もなくする。物を消滅させる。だからその語には「(物を焼いて)見えなくさせる」というコアイメージがある。