「掛」

白川静『常用字解』
「形声。音符は卦。卦は土版(圭)に占いの結果を記入したもので、のち易の八卦の名として使う。掛とは筮竹を指に掛けて分けるの意味である」

[考察]
白川漢字学説では形声の説明原理がないので、すべて会意的に説く。上は形声ではなく会意とすべきであろう。
圭が土版とは何のことか。土版に占いの結果を記入するとは何のことか。これが八卦の名になるというのもよく分からない。図形の解釈をストレートに意味とするのも白川漢字学説の特徴である。だから掛を「筮竹を指に掛けて分ける」という意味とする。余計な意味素を混入させている。
白川学説には言葉という視座がないから、形声とはどういう造形法なのかが理解できない。形声とは語の根源のイメージから語源を導入する方法である。
物を手にかけてぶら下げることを古典漢語ではkuĕg(呉音ではクヱ、漢音ではクワイ)といい、挂と表記する。圭は「∧形をなす」というイメージがある(115「佳」を見よ)。かかってぶら下がる姿が∧の形を呈するから、圭のコアイメージを用いるのである。圭を卦に取り換えたのが掛である。八卦による占いをする際、筮竹を指に∧形に持つ姿を連想して、これにも「∧形をなす」のイメージがあるのを捉えて、「卦(音・イメージ記号)+手(限定符号)」を合わせた図形にした。これによって「物を∧形やᒣ形にひっかける」という意味のkuĕgを表記する。
掛の意味は土版とも八卦とも関係がない。実体ではなく形態や機能に重点があり、コアイメージだけを取り出して造語・造形するのが形声の原理である。