「過」

白川静『常用字解』
「形声。音符は咼。 咼は、冎(人の上半身の残骨)にㅂ(祝詞を入れる器の形)をそえて、禍を祓うことを祈るの意味となる。それに辵(歩くという意味)を加えた過は、特定の重要な場所を通過するために禍を祓う儀礼をいう字であろう。それで“すぎる、すごす”という意味がある」

[考察]
形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。言葉という視座がないから、形声の説明原理がなく、会意的に説くのが特徴である。会意とはAの字とBの字を合わせたCの意味は、Aの意味aとBの意味bを合わせた「a+b」であるとするもの。だから咼(禍を祓うことを祈る意味)+辵(歩く意味)=過(特定の場所を通過するために禍を祓う儀礼の意味)とする。
字形の見方にも疑問がある。①上半身の残骨とは何か。下半身のない骸骨か。②祝詞は口で唱えて祈る言葉なのに、なぜ文にしたもの(多分布切れや竹簡・木簡に書いたのであろうが)を器に入れる必要があるのか。③上半身の残骨に祝詞の器を置くことが、なぜ禍を祓う意味になるのか。死者の骨はすでに禍に遭ったはず。④咼に禍を祓うことを祈る意味がありうるのか(そんな意味は実証のしようがない)。⑤どこから「特定の場所」が出てくるのか。なぜ特定の場所を通過するのか。⑥過に「禍を祓う儀礼」という意味があるのか(これも実証のしようがない)。

意味とは言葉の意味であって、形にあるわけではない。白川漢字学説では形の解釈と意味が混同されている。だからあり得ない意味を導くか、意味を取り違えるか、あるいは、余計な意味素が混入する。
漢字の説明は言葉から出発し、用例から意味を求めるべきである。実際に使われる文脈にしか意味はない。
古典漢語で、ある地点や場所を通って行くことをkuarといい、この聴覚記号に対する視覚記号を過とする。次の用例がある。
 原文:之子歸 不我過
 訓読:之(こ)の子帰(とつ)ぎ 我を過(よぎ)らず
 翻訳:あの子はとついで行った 私の元を通って行かずに――『詩経』召南・江有汜

kuarという語を表記する咼はそのグループ(過・禍・渦・鍋・堝・剮・窩・萵・蝸)の基幹記号になる。これらは同じ共通の咼をもつグループだが、共通の記号は含まずとも、共通の音形をもつ同源語はほかにもたくさんある。藤堂明保は渦・果・禾・元・原・巻・官・環など広範囲の仲間(単語家族)を集め、KUAR・KUANという音形と、「丸い、取り巻く」という基本義があるとした(『漢字語源辞典』)。
咼は「丸い」というコアイメージをもつ。図示すると〇の形である。↺(丸く回る)もこのイメージに含めてよい。〇は静的イメージだが、動きを与えれば↺(丸く回る)や〇〇〇・・・(丸く回っていく、ころがる)のイメージになる。実際に回転しなくても、空間をスムーズに(摩擦や障害がなく)移動することを「転がるようにして移る」と捉えることがある。伝(傳)は点々と転がるようにして(〇〇〇・・・の形に)伝えることである(駅伝の伝)。移転の転も転がるようにして移るという意味になった。運送の運も回転することから「はこぶ」の意味に転じた。このように古典漢語の意味論の特徴の一つに、「丸い」「丸く回る」のイメージから「場所を点々と移っていく」という意味に展開することがある。通過の過もこれである。以上は語源から見たが、次に字源から確かめてみよう。

冎は骨の上部と同じで関節の骨である。冎に口(穴)を加えたのが咼。関節と関節腔を暗示させている。ただし古代では解剖学は発達しておらず、多分に空想的な色彩が強い。関節の穴に別の骨が入り込んで関節を作り、動きの機能が生まれると考えたらしい。ここから「丸い」「丸い穴」「丸く回る」というイメージを表す咼という記号が生まれた。「丸く回る」というイメージから「転がるようにして動く」「点々と移っていく」というイメージに転化する。かくて「咼(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」を合わせて、点々と(〇〇〇・・・の形に)動いて移って行くという意匠に仕立てた「過」の図形が考案された。この図形的意匠によって、視座を置いた地点や場所を通って行くという意味をもつkuarを表記した。
過失の過への意味展開について、白川は「“あやまち”の意味があるのは禍尤(わざわい、とが)の意味と関係がある」と述べている。これは仮借とするのであろうか。白川は転義現象を捉えていない。視座を置いた所を通って行く意味から、ある範囲や程度の基準を超えて通って行く(行き過ぎる)という意味に転じ、更に正当な範囲を逸脱するという意味に転化する。これが「あやまつ」「あやまち」なのである。