「回」

白川静『常用字解』
「象形。淵などでぐるぐるまわる水の形。それで“まわる、まわす、めぐる” の意味となり、まわることから、“かえる”の意味ともなる」

[考察]
形に意味があるとして、字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。ぐるぐるまわる水の形→まわる・めぐる→かえるの意味を導く。
白川漢字学説は言葉という視点がない。したがって言葉の深層構造を問題にすることもない。意味の展開を合理的に説明する方法もない。「まわる」→「かえる」の展開は何となくわかるが、なぜ回に「たがう」「よこしま」の意味があるのかの説明ができない。転義の説明は言葉の深層構造(コアイメージ)を捉えることが大切である。

言葉から出発するにはまず古典における用例を調べる必要がある。
①原文:倬彼雲漢 昭回于天
 訓読:倬たる彼の雲漢 昭らかに天を回(めぐ)る
 翻訳:高く掛かった天の川は 明るく輝いて天をまわる――『詩経』大雅・雲漢
②原文:淑人君子 其德不回
 訓読:淑人君子 其の徳回(たが)はず
 翻訳:私の良き殿方の 優しい愛は変わらない―― 『詩経』小雅・鼓鍾

①は「ぐるぐるめぐる(まわる)」の意味、②は「食い違う」の意味で使われている。これらの意味をもつ古典漢語がɦuər(呉音はヱ、漢音はクワイ)である。この語は塊・懐・胃・環・軍・管などど同源で、「丸い」「丸くまわる」というコアイメージがある。図示すると〇や↺の形のイメージである。このようなイメージを渦巻模様のような「回」の図形で表象する。これは文字の造形法としては「丸くまわることを暗示させる象徴的符号」と規定できる。
さて意味の展開は、↺の形のイメージから、ぐるりと回って元に戻るという意味(回帰の回)、向きをかえるという意味(回避の回)になる。また←の方向に行くものがぐるりと→の方向に向きを変えることから、⇄の形のイメージ、すなわち「食い違う」というイメージが生まれる。②はこの意味が実現された用例である。この回は「たがう」「よこしま」と読まれる。