「灰」

白川静『常用字解』
「会意。火の上に又(手の形)をかざしている形で、おそらく残り火を取り、“はい” をかたづけることを示すものであろう」

[考察]
白川漢字学説は形に意味を求め、言葉という視点のないのが特徴である。
字源は意味をどう形に表しているかを説明することである。その意味は言葉の使い方から求めるべきである。
「灰」という形から意味を求めるのではなく、「はい」という意味をもつ言葉がなぜ「灰」という図形に仕立てられたかを説明すればよいのである。そのためには言葉に視点を置く必要がある。
古典漢語では「はい」を呼ぶ言葉はhuəg(呉音はクヱ、漢音はクワイ)という。古典には「晦は灰なり」という語源説がある。逆に「灰は晦なり」とも言える。つまり「暗い」というイメージで「はい」は捉えられた。「暗い」は「黒い」「よく見えない」というイメージとつながりがある。晦は黒・墨・煤などとも同源の言葉である。
なぜ「灰」が考案されたか。ここから字源の話になる。灰を分析すると「又(手)+火」であるが、きわめて舌足らず(情報不足)な図形である。火を手であしらっている図形と解釈できそうである。この図形的意匠によって、火の燃えた後に残るかすを暗示させる。
図形(B)から意味(A)は出てこない。漢字をB→Aの方向に説明すると往々間違いが起こる。A→Bの方向に説明しないといけない。Aはどうやって知るのか。古典における使用例から知るのである。「灰」は次の用例がある。
 原文:毋燒灰。
 訓読:灰を焼く毋(な)かれ。
 翻訳:[この季節に]灰を焼いてはならない――『礼記』月令

奇妙な用例だが、なぜ灰を焼くことが禁止されるのか。ある季節では灰が環境汚染を引き起こすからである。『礼記』の月令篇は古代中国の環境思想を記した珍しい文献である。