「皆」

白川静『常用字解』
「会意。古い字形は比と曰エツとを組み合わせた形。比は二人が並ぶ形で、曰はㅂ(祝詞を入れる器)の中に祝詞が入っている形。祝詞によって神霊をよび降す(召)のに対し、神霊が並び降ることを皆という。皆は神がそろって降るので、“みな”の意味となる」

[考察]
形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。比(二人が並ぶ)+曰(祝詞を入れる器の中の祝詞)→神霊が並び降ると意味を導く。
疑問点は①祝詞は口で唱える文句なのに、なぜこれが器に入っているのか。器に入るからには物質的なものであろう。聴覚記号の言葉が器に入るわけがない。②並ぶ二人と祝詞から、なぜ神霊が並び降るという意味が出てくるのか。並ぶはわかるが、降るはわからない。だいたい神がそろって降るとは何のことか。

白川漢字学説では意味とは何かの定義がない。形の解釈と意味の混同が顕著である。図形的解釈をストレートに意味とするから、古典の用法と合わなくなる。皆は古典では次のように使われている。
①原文:降福孔皆
 訓読:福を降すこと孔(はなは)だ皆(あまね)し
 翻訳:福が全部漏れなく下された――『詩経』周頌・豊年
②原文:百堵皆興
 訓読:百堵皆興る
 翻訳:百丈の垣がみな立った――『詩経』大雅・緜

①は「全部そろっている」という形容詞的な用法、②は「全部そろって(みな)」 という副詞的な用法である。「そろっている」「全部」という意味素しか含まれていない。これ以外の意味素は余計である。
古典漢語ではそのような意味をもる言葉をkər(呉音ではケ、漢音ではカイ)というのであり、この聴覚記号を表記する視覚記号を皆とした。皆はどういう意匠で造形されたのか。ここから字源の話になる。字源の前に語の意味を確定したから、字源はこの意味とどう関わるのか、その意味をどんな意匠で表そうとするのかという点にしぼられる。
従来の字源説を見ると、『説文解字』などが「比+白」とするのが一般的。白は色の名ではなく、自の異形(異体字)で、動作などと関わる符号(限定符号)とされている。だから「比(イメージ記号)+白(限定符号)」と解析する。比は二人の人が並ぶ形で、図示すると▯-▯の形のイメージである。しかしイメージは転化する。▯-▯の形が連鎖して▯-▯-▯-▯というイメージも生まれる。二人という数に限定されず、多くのものが並ぶ様子、「次々に並ぶ」「並びそろう」というイメージに転化する。したがって皆という図形の意匠は二人が並ぶのではなく、多くのものが並びそろうと解釈できる。この意匠によって、「みんなそろっている」「全部」という意味のkərを表記する。

漢字を「形→意味」の方向に説くととんでもない意味が出る可能性がある。「意味→形」の方向に説く必要がある。意味とは言葉の意味であって、形の意味ではないからである。言葉の究明が先である。語源的探求が字源の歯止めになる。