「刈」

白川静『常用字解』
「形声。音符は乂。乂は鋏の形で、“かる” の意味がある」

[考察]
刈(ガイ)は非常に古い字で、すでに『詩経』に出ている。草をかる意味で使われている。日本語の「かる」は「(草木や毛など、伸び茂っているものを) 根元を残して切り取る」の意味という(『岩波古語辞典』)。古典漢語のngiăd(呉音ではゲ、漢音ではガイ)も同じ意味である。この言葉を刈で表記した。
「かりとる」という行為は|の形のもの(草の根など)に途中で ↘の形に切れ目を入れ、上の部分を切り離すことである。この状況・形態を図示すればばXの形に抽象化できる。これを文字としたのが乂(ガイ)である。
『詩経』の時代に鋏があったか定かでないが、鎌のような刃物はあったであろう。だいたい草を鋏で刈るということが疑わしい。だから「乂」は二つの物がXの形に交わることを示す象徴的符号と考えるべきである。「草をかる」を意味するngiădを「乂(音・イメージ記号)+刀(限定符号)」を合わせた図形によって表記するのである。