「害」

白川静『常用字解』
「会意。把手のついた大きな針と口とを組み合わせた形。口は口ではなく、もとの形はㅂ(サイ)で、神への祈りの文である祝詞を入れる器の形である。大きな針でㅂを突き破り、その祈りの効果を傷つけて失わせ、祈りが実現するのをじゃまするのが害であるから、害には“きずつける、じゃまする、そこなう”の意味があり、そこなうことによって“わざわい”が生まれるのである」

[考察]
疑問点①「サイ」というのはいったい何か。ㅂという図形の読み方か。それとも文字の読み方か。読み方というのは言葉の一種ではなかろうか。言葉には意味があるはずである。 ㅂは器の形とあって、意味とはしていない。それともㅂは「祝詞を入れる器」という意味を表すのだろうか。このあたりがあいまいである。
②祝詞は口で唱える文句であり、聴覚的な言葉であろう。それを器に入れるとはどういうことか。視覚的な記号である文字に写して器に入れるのだろうか。そうすると書写の材料が必要である。布や板に書くのか(紙はまだ発明されていない)。そんなものを器に入れるだろうか。
③針で器を突き破り、祈りの効果をじゃまするという事態がよくわからない。普通は祝詞による祈りは何かの実現を願うものではなかろうか。人に禍や呪いをかける黒魔術のことであろうか。針で祝詞の器を破る黒魔術の存在は疑わしい。

字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、これはあまりにも非合理で、理解し難い。 
そもそも意味とは何か。意味とは言葉の意味であることは言語学の定義である。字形に意味があるわけではない。字形は言葉を表記する手段に過ぎない。漢字は記号素の意味のレベルで、意味のイメージを図形化する造形法なので、字形が意味と全く無縁ということではないが、「形から意味が出る」 のではない。漢字を「形→意味」の方向に説くと意味を捉え損ねることが起こる。図形的解釈と意味は同じではないからである。
では漢字をどう見るべきか。まず古典の用例から語の意味を確かめることである。 語源を先に究明し、その後で字源を考えるべきである。害は次の用例がある。
①原文:不瑕有害
 訓読:瑕(なん)ぞ害有らざらん
 翻訳:差し障りのないはずはない――『詩経』邶風・泉水
②原文:無害我田稚
 訓読:我が田稚を害すること無からしむ
 翻訳:[害虫に]田の苗を食われないようにする――『詩経』小雅・大田

①は邪魔する、邪魔、差し障りの意味で使われ、②は生命をストップさせる(殺す、そこなう)の意味で使われている。意味は①から②へ展開するが、「順調な進行を途中で遮り止める」というイメージが共通にある。古典漢語のɦad→ɦai(呉音はガイ、漢音はカイ)は「途中で断ちきって止める」がコアイメージである。漢代の語源説では「害は割なり」とある。このコアイメージを図形に表現したのが害である。害はどのような意匠をもつのか。ここから字源の話になる。
害は「宀+丯+口」に分析できるが、丯(カイ)にコアイメージの源泉がある。丯は契・絜などに含まれ、縦線に三つの斜線(切れ込み)を加えた形で、「切れ目を入れる」というイメージを示す記号である。契(きざむ)にこのイメージがはっきり残っている。切れ目を入れることを図示すると―↓―の形である。これは「途中で断ち切る」というイメージである。また→|の形でもある。これは「途中で断ち切って止める」というイメージである(425「契」を見よ)。かくて害は「丯(音・イメージ記号)+宀(覆いかぶせる、かぶせて邪魔をすることを示すイメージ補助記号)+口(限定符号)」と解析する。人の言葉(発言)を途中で断ち切るように邪魔をして、それ以上は進ませない状況を暗示させる図形である。これが害の図形的意匠である。これによって「順調な進行を遮り止める」ことを表す古典漢語のɦadを表記する。
順調な進行を途中で止めることが阻害・妨害の害である。生命を遮り止めるのが殺害・傷害の害。生活の営みを遮り止めるものが災害の害。また進行・侵入を止める所が要害の害。このように害の根底(コア)には「遮り止める」というイメージがある。