「殻」

白川静『常用字解』
「会意。もとの字は 㱿に作り、𠕓と殳とを組み合わせた形。𠕓はすでに穀物の実がなくなったからの形。殳は杖のように長いほこであり、打つの意味がある。穀物の中の実をとるために打って脱穀し、外の殻だけが残っているのが㱿である。殻の字に含まれている几は実のくずのようなものかとも思われる。㱿(殻)は“から、もみがら”の意味」

[考察]
形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。𠕓(穀物の実がなくなった殻)+殳(打つ)→穀物の実を脱穀し、外の殻だけが残っているもの(もみがら)と意味を導く。
𠕓が殻の意味をもつとすれば、これで「殻」の意味をもつ一つの語であるはず。だからカクと読むはず。そうすると形声であるはず。しかしすべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。
𠕓を「すでに穀物の実がなくなった殻」の形と見るのがそもそも無理である。「もみがら」の形には見えない。穀物の穀にAが含まれているから穀物と関連づけたものであろう。だいたい殻に「もみがら」という意味はない。
殻の本字は㱿である。漢代以後の文献に出る。『説文解字』では「上より下を撃つなり」とある。同書ではAが独立字として収録されており、「幬帳(寝台の脇に吊す蚊帳)の象」とある。しかし諸説紛々で定説はない。「貝殻を紐でぶら下げた首飾りの形」とする説(藤堂明保)が比較的よい。貝殻から発想を得た言葉がk' ŭkのようである。この言葉は「中空の固い外皮」という意味で使われている。外側が固く中が空っぽになったものである。もともとこんな形状のものをたたくという意味で使われたらしい(説文の「撃つ」はこれであろう。六朝時代の文献に用例がある)。しかし専ら「中空の固いから」という意味が優勢になった。穀物の穀(稲や麦などの作物)や轂コク(車輪の中心部で、軸を通す中空の穴、こしき、ハブ)には「中空の固いから」のイメージが明白にある。
 
「殻」の字体について。
㱿が本字である。㱿の左下に几を加えたのは俗字である。近世中国では「一」を省いて殻となった。日本ではこれを使うが、現代中国では殻の左側(殳を省いた形)が使われている。