「括」

白川静『常用字解』
「形声。音符は舌カツ。もとの字は𢬸に作り、音符は𠯑(カツ)。𠯑は小さな把手のついた刀(氏)でㅂ(神への祈りの文である祝詞を入れてある器の形)を刺し、その祈りの効果を失わせることで、刮(けずる)も同じ意味である。そのように刮り分けたものを一括りに“くくる”ことを括という」


[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。𠯑(刀で器を刺し、祈りの効果を失わせる、刮る)+手→ 刮り分けたものを一括りにくくる、と意味を導く。
疑問点①祝詞は口で唱える言葉であるから、これを器に入れるとはどういうことか。言葉を木簡や布に写して入れるのか。考えにくい。②小刀で器を刺すことが祈りの効果を失わせることになるだろうか。願い事の実現を祈るはずなのに、なぜ効果を失わせるようなことをするのか。これも考えにくい。③刀で器を刺すことが刮る意味になるだろうか。刮り分けたものとは器であろうが、なぜばらばらにした器を一括りにするのか。「刮り分ける」ことから「くくる」への意味展開に必然性がない。

字形から意味を導く方法は恣意的にならざるを得ない。言葉という視点がすっぽり抜け落ちている。意味とは「言葉の意味」であって、形(字形)にあるはずはない。形から意味を導く学説は誤りと断定できる。
古典で括はどのように使われているかを確かめるのが先決である。次の用例がある。
 原文:括囊無咎。
 訓読:囊(ふくろ)に括りて、咎(とが)無し。
 翻訳:物を袋に入れて口をくくっておけば、失敗することはない――『易経』坤

括は袋などの口を結んでくくる意味で使われている。袋などに物を入れる際、袋の中をゆったりと開けておく必要がある。袋の中をゆったりさせる―袋の中に物を通して入れる―入り口を閉じる、これが一連の行為をなす。最初に焦点を当てれば①「ゆったりと広い」というイメージ、中間に焦点を当てれば②「スムーズに通す」というイメージ、最後に焦点を当てれば③「しめくくる」「一つにまとめる」というイメージになる。①は広闊の闊(広い)、②は活活(水が勢いよく流れるさま、いきいきしたさま)、話(べらべらしゃべる)のコアイメージである。③が上記の括(袋などの口をくくる)のコアイメージである。総括・統括の括(合わせて一つにまとめる)の括もこのイメージが根底にある。
以上は言葉から見た意味の展開である。括という視覚記号はどのような意匠から考案されたのか。ここから字源の話になる。ただし字源も語源が絡むのは当然のことである。
括は「𠯑(音・イメージ記号)+手(限定符号)」と解析する。𠯑は「氏+口」ではなく「氒+口」からできている。氒(ケツ)は先端がY形やᑌ形にくびれた道具(彫刻刀の類)の図形である。ただし実体に重点があるのではなく、形態的特徴から「Y形をしている」というイメージ、また機能的特徴から「穴をえぐる」「穴を開けてスムーズに通す」というイメージを示す。これに口(穴)を合わせたAは「穴をえぐる」「穴を開けてスムーズに通す」というイメージを表す記号とする。ただしAは氒の「Y形をなす」のイメージも表す。筈(矢の末端のY形の部分、やはず)はこのイメージである。括も図形的意匠としては矢筈を念頭に置いた情景を設定している。つまり「弓の弦がくびれた矢筈にぴったりはまるように、紐をY形のくびれた形にして、その間に物を入れる」という情景を暗示させるのである。この意匠によって上記の意味をもつ語を代替させる。