「干」

白川静『常用字解』
「象形。長方形の盾の形。干はもと“たて” を意味し、干で“ふせぐ”の意味にも用いた。干には“おかす、みだす”の意味もあり、また乾(かわく)と音が同じなので、“ほす、ひる”という意味にも使う」

[考察]
干は先端が二股になった長い棒(武器の一種)の形であって、長方形には見えない。また、盾→ふせぐの展開は理屈に合うが、ここから「おかす」の意味は出てこない。
「たて」と「おかす」は防御と攻撃で、正反対である。しかし武器には往々防御と攻撃の両用のものがある。日本の十手などを念頭に置けばよい。棒状の武器はたいてい攻撃用だが、先端が二股になっているのがミソである。これは防御を兼ねると見てよい。
機能の面から干は防御用の武具、すなわち「たて」の意味になる。ただし字形から意味が出るのではなく、意味を図形化するのである。『詩経』に干城(たてと城)という用例がある。もう一つの機能から、「おかす」の意味になる。敵に対して棒を突き出すので「おかす」を干で表すことができる。
形態の面からは「長い心棒」「支えとなる木の棒」という意味になる。また形態的特徴として「長い」に焦点を置けば、長い→高く上がるというイメージが生まれる。高く上がるのイメージから、水分が上がって乾く→ほすという意味に展開する。