「官」

白川静『常用字解』
「会意。建物の屋根を示す宀の下に、軍隊が行動するとき、軍の守護霊として携えている脤肉(祭肉で、𠂤(シ)の形をしている)を安置する形。古くは軍が出発するとき、軍社で肉を供えて戦勝祈願の祭りをし、その祭りの肉を捧げ持って出発した。その肉の形は𠂤、それで軍が駐屯するときにはこれを建物に安置した。その安置した神聖なところを官という。もと軍の駐屯地をいう官は、のち“つかさ(役所・役人)、つかさどる”に意味に使われるようになった」

[考察]
宀と𠂤という僅かな情報から壮大な物語を描いた。宀は他の項(例えば安・完)では廟の屋根としているが、本項では建物の屋根とする。不統一である。𠂤は堆の本字とするのが通説だが、白川はあえて脤肉の形とする。脤は祭りに供える生の肉(ひもろぎ)だが、それが𠂤の形をしているのか、想像の域を出ない。後の𠂤(音はタイ)とのつながりがなく、ひもろぎ説は根拠がない。
白川漢字学説はすべての漢字を会意的に説く。CがA+Bの図形では、AとBの意味をストレートに合わせたのがCの意味とする。AとBは同等に並ぶ字とされるから、意味はAとBをプラスしたものとなる。しかし形声文字と同じく会意文字でも各記号の役割が違うこともある。この場合は意味と関わる中心の記号に重点を置く 必要がある。官は「𠂤(イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析すべきであって、AとBの役割が違うのである。基幹となる記号は実体よりも、形態や機能のイメージを捉えるのが大切である。ひもろぎという実体にこだわると、軍の駐屯地といったあり得ない意味が出てくる。
白川学説は言葉という視点がなく、字形から意味を導く方法である。これでは恣意的な解釈に陥る危険性がある。字源の前に語源を検討しなければいけない。何よりも言葉の用例を調べ、意味を確かめるのが先である。官は次の用例がある。
 原文:官事不攝。
 訓読:官事は摂(か)ねず。
 翻訳:役所の仕事は掛け持ちしてはいけない――『論語』八佾

官は最初から公の機関(役所)の意味である。最古の古典の一つである『詩経』には官はないが、館や管があるから、官もすでに存在していたはずである。古人は「官は宣(「丸く取り巻く」がコアイメージ)なり」と語源を説いている。管(くだ)も「丸く取り巻く」というイメージがある。kuanという語(官・管・館・棺)の深層には「丸く取り巻く」というイメージがある。同源の語を広範囲に集め、官のグループだけではなく、垣・円・苑・園・環・巻・丸・瓦・禾・果・渦なども「丸い、取り巻く」という基本義をもつ単語家族としたのは藤堂明保である(『漢字語源辞典』)。
役所を「丸く取り巻く」というイメージで発想したのは、その建物が垣や塀で取り巻かれた形状をしているからである。 これを図形化して「𠂤+宀」を合わせた官とした。𠂤は丸く盛り上がった土が連なる人工的な堆積物を描いた図形である(後世の堆の本字)。ただし雑然とした寄せ集めではなく、丸くまとまった物の集まりをタイという。ここから「丸く取り巻く」というイメージと、「たくさん集まる」というイメージが取られる。前者が官、後者が師などに利用された。かくて官は周囲を垣や塀で丸く取り巻いた建物を暗示させる。この図形的意匠によって、kuanという語の視覚記号とする。