「巻」
正字(旧字体)は「卷」である。

白川静『常用字解』
「会意。釆と廾と⺋とを組み合わせた形。釆(爪を含む獣の掌の形)を両手(廾)で⺋の形(人がうつぶせに伏している形)に捲きこむの意味で、“まく、まがる”の意味となる」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。釆(獣の掌)+廾(両手)+⺋(うつぶせに伏せる)→獣の掌を両手でうつぶせの形に捲きこむという意味を導く。しかし獣の掌をうつぶせの形に捲きこむとはどういうことか、ぴんと来ない。こんな意味があるはずもない。
字形の解釈と意味が混同されている。これは白川漢字学説全般に見られる特徴である。意味とは言葉の意味であって字形にはない。言葉の意味は言葉の使い方、すなわち具体的文脈における使い方から分かる。巻は古典で次のように使われている。
 原文:我心匪席 不可卷也
 訓読:我が心は席に匪(あら)ず 巻くべからざるなり
 翻訳:私の心はむしろではないから [他人が]巻くことはできぬ――『詩経』邶風・柏舟

巻は丸くまく意味で使われている。この動作を図示すれば〇の形や、↺の形である。部分に焦点を置けば◠の形である。「丸く取り巻く」「曲がる」というイメージである。丸くまくことを古典漢語ではkiuan(呉音ではクヱン、漢音ではクワン)といい、卷の視覚記号で表記する。卷はどんな意匠で作られたのか。ここから字源の話になる。
卷は「𢍏(ケン)(音・イメージ記号)+⺋(イメージ補助記号)」と解析する。𢍏は「釆+廾」を合わせた形。釆は番に含まれ、掌を曲げて握り拳を作り、その中にある米粒(種子)をばらまく行為を示す図形(播種の播の原字)。前半に視点を置くと、握り拳を作る→〇の形のイメージを表し、後半に視点を置くと、種子をばらまく→放射状に広がるというイメージを表す。𢍏は両手で握り拳を作る情景である。だから𢍏は〇の形に丸めるというイメージを示す記号になる。𢍏は拳(こぶし)という字にも使われている。次に⺋は卩と同じで、かがんだ(背中を丸めた)人の形で、◠の形(曲がる)のイメージ、また「丸める」のイメージを添える補助記号となりうる。かくて卷は〇の形に丸めることを暗示させる。