「款」

白川静『常用字解』
「会意。祟スイと欠ケンとを組み合わせた形。祟は祟(たたり)を起こす呪能を持っている獣の形。欠は口を開いて大きな声を出して祈っている人の形。款は呪能を持つ獣の祟を用いて真心から祈り願い、その祈りに神が応えることを期待することをいう。それで款は“まこと、まごころ”の意味となり、それより約束の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。祟(呪能を持つ獣)+欠(大声を出して祈る人)→呪能を持つ獣の祟を用いて真心から祈り願い、その祈りに神が応えることを期待する、と意味を導く。
疑問点①「祟を起こす呪能を持つ獣」とはいったい何か。祟がそんな獣を描いた象形文字には見えない。②款に上のような意味があるのか、疑わしい。
図形的解釈と意味を混同するのは白川漢字学説の特徴の一つである。意味は言葉の意味であって、図形にそれがすべて反映されるとは限らない。図形の解釈と意味は必ずしも一致しない。図形から意味を導くのは根本的な誤りである。
では意味はどこにあるのか。言葉の使い方、すなわち古典のコンテキストにおける使い方である。ここから意味が捉えられる。款は次の用例がある。
 原文:大國内款。
 訓読:大国、款を内(い)る。
 翻訳:大国がよしみを求めてきた――『管子』国蓄

「款を内る」は「款を通ず」と似た意味。款は真実の心(真心、誠実、まこと、よしみ)の意味である。古典漢語では「うそ」と「まこと」を表す言葉は「空っぽ」と「満ちている」の反対のイメージで造語されることがある。例えば真と実はいっぱい満ちている→まことと転化した意味。「満ちる」の前提には「空っぽ」がある。「空っぽ」は「くぼむ・くぼみ」のイメージでもある。だからくぼみを満たす→まこととという転化もありうる。款は後者のイメージ転化で生まれた言葉と考えられる。これを字源で見てみよう。
款は「祟+欠」の字体もあったが、「柰+欠」を合わせた字体もあり、これが楷書の款につながる。柰(=奈)は中国原産のイヌリンゴで、「うまい果実」「うまい食べ物」を代表させる。欠はへこんで足りないというイメージがある(後に「欠」で述べる)。したがって「柰+欠」を合わせた款は、うまい物でくぼんだ腹を満たそうとする情景を設定した図形。この意匠によって「くぼみを満たす」というイメージを表すことができる。上記のようなイメージ転化によって「まこと(真心)」の意味のk'uanという語の表記とした。
ちなみに款には「くぼみ」というイメージがあるので、くぼんだ形に文字を刻む、また、凹ませて彫る文字の意味がある(款識・落款の款)。ここから、箇条書きの文章、法律などの項目の意味(定款)、さらに項目別に立てた金額の意味(借款)を派生する。