「感」

白川静『常用字解』
「形声。音符は咸カン。咸はㅂ(祝詞を入れる器)の上に聖器である戉(鉞)を乗せてㅂを守り、祈りの効果を中に緘じこめ守るの意味がある。そのようにしておくと、神は夜中にひそかに訪れ、祈りに応えてくれると考えられた。神の“心がうごく”ことを感という」

[考察]
疑問点①祝詞は口で唱える言葉なのに、なぜ器に入れるのか。言葉を布などに書いて器に入れたのであろうか。信じがたい話である。②器の上に鉞を乗せることが、祈りの効果を中に閉じ込め守ることになるだろうか。咸にそんな意味はあり得ない。また鉞のような大きな武器を小さな器に乗せることができるかも疑問。③祈りの効果を守ることから、神の心が動く意味になるだろうか。これは大いに疑問。
形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるが、「戌+口」というわずかな情報から夥多な情報を読み取り、図形の解釈を意味とする。その意味が「神の心がうごく」であるが、神の心が動くとはどういうことか、理解するのが難しい。
意味は形にあるのではなく言葉にある。これは言語学の常識であろう。漢字は古典漢語の表記体系である。言葉の意味は古典の文脈に現れる。感は次の用例がある。
 原文:聖人感人心而天下和平。
 訓読:聖人、人心を感ぜしめて天下和平なり。
 翻訳:聖人が人心を感動させて、天下が平和になる――『易経』咸

感は心が動く(心を動かす)という意味だが、外からの刺激に触れて心を動かす、あるいは、強いショックを与えられて心が動くということである。古人は「感は撼(うごく)なり」と語源を捉えている。感は物理的に動く意味もある。すでに『詩経』に「我が帨ゼイを感(うご)かしむる無かれ」(私のエプロンを動かさないで)という用例がある。
何らかの刺激やショックを与えて心を動かすという意味の古典漢語がkəm(呉音ではコム、漢音ではカム)である。これに対する視覚記号が感である。分析すると「咸(音・イメージ記号)+心(限定符号)」となる。咸は「戌+口」に分析できる。戌はある種の武器の形である。咸は武器で相手に衝撃を与えて脅して、その結果相手の口をふさいで黙らせる情景を設定した図形。もちろんそんな意味を表すのではなく、「外からの刺激が心や体の内部に入る」というイメージを表すのである。前半に視点を置くと「強いショックを与える」、後半に視点を置くと「内部にふさがって出ていかない」というイメージになる。
感動や感激の感も、感電や感染の感もこれらのイメージが含まれている。外界からの刺激が心に入って動きを引き起こすことが感動・感激であり、その刺激は心の内部にひたされる。同じように外界から異物が生体を刺激し、生体が反応することが感電や感染で、その異物は体内に入り込む。