「関」
正字(旧字体)は「關」である。

白川静『常用字解』
「会意。門と𢇇(カン)とを組み合わせた形。門の中央に𢇇(門の戸をしめるための横木であるかんのき)を加える形で、門を“とじる” の意味となる。関はかんのきを取りつけている構造的なものであるから機関といい、交通路の関を“せき、せきしょ”という。両者の間を関によってとじこめるので、関係という」


[考察]
𢇇はカンの音なので形声のはずだが、すべての漢字を会意的に説くのが白川流である。門+𢇇(かんぬき)から「門をとじる」の意味を導く。結論は間違いではないが、字形から意味を求めるのは誤りである。また白川説は意味論で問題がある。門をとじる→かんぬき→機関→せき→関係と展開させるが、「両者の間を関でとじこめる」から関係の意味が出るというのは理解しがたい。
字形から出発するのではなく言葉から出発するのが正しい。『老子』に「善閉は関鍵無し」(最高の閉め方はかんぬきも鍵も要らない)、『淮南子』に「城郭関せず」(城郭は閉ざされない)という用例があり、関は「かんぬき」と「とざす」の意味で使われている。これらの意味をもつ古典漢語をkuăn(呉音ではクヱン、漢音ではクワン)といい、關の図形で表記した。
關を分析すると「𢇇(カン)(音・イメージ記号)+門(限定符号)」となる。𢇇は「𢆶+丱」を合わせた字。𢆶は「絲」の上の部分だけを取った形。丱は「貫き通す」というイメージを示す記号。𢇇は機織りで梭(ひ)に糸を通す情景を設定した図形である。これによって、|→|の形に二点間に貫き通すというイメージを表す。關は門の片側から別の側に貫き通す横木、つまり「かんぬき」を暗示させる。
關は丱(クワン)→𢇇(クワン)→關(クワン)と三段階で展開する字である。丱が根源のイメージを提供する記号である。丱は卝とも書かれる。二本並んだ線の両側に端が出ている形で、二つの間を横棒で貫くことを暗示させる。丱と貫は同源である。したがって關は貫と同源と言える。門を閉じて横に貫く棒、つまり「かんぬき」が關(関)の最初の意味である。
二点間をA→Bの形に貫くことから、AからBに通してつながりをつけるという意味が生まれる。つながりをつける装置や仕掛けが機関・関節の関である。また、二つのものの間に接点ができてつながりをもつという動詞的な用法も生まれた。これが関係・関連の関で、「かかわる」という訓がつけられている。