「館」

白川静『常用字解』
「形声。音符は官。官は軍が出征するとき、軍社の祭りに供えた脤肉(祭りの肉、𠂤の形)を捧げ持って出発し、軍が駐屯するときにそれを建物の中に安置する形。脤肉を安置した神聖な建物が官で、館のもとの字である。官は将軍たちが生活するところでもあったので館という」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。また形声の説明原理がないので、すべて会意的に説くのが特徴である。 𠂤(脤肉)+宀(建物)→官(脤肉を安置した神聖な建物)とし、館もその意味だという。しかしなぜ軍や将軍が出てくるのか分からない。
形声の説明原理は語の深層構造に掘り下げる方法で、実体ではなく、形態や機能のイメージだけに重点を置く。実体にこだわるのが白川説である。必然的に会意の方法になる。

意味とは一体何か。言葉の意味であることは疑いない。しかし白川漢字学説には言葉という視座が全くない。字形の解釈をもって意味とする。字形の見方は主観的であり、何とでも解釈できる。言葉の意味を確定しないと解釈に歯止めがきかず、恣意的にならざるを得ない。言葉の意味はどうして知るのか。それは具体的な文脈以外になり。文脈のないところに意味はない。形から意味を判断するのは全く推測に過ぎない。
館は次の文脈で使われている。
 原文:篤公劉 于豳斯館
 訓読:篤なる公劉 豳ヒンに于(お)いて斯(こ)れ館す
 翻訳:情に厚い公劉は 豳でやかたを建てた――『詩経』大雅・公劉

館は役人などの住む建物(官舎・邸宅)の意味である(上の例は動詞的用法)。また客をもてなす宿舎の意味、公共性のある大きな建物の意味に展開する。官にコアイメージの源泉がある。官は「丸く取り巻く」というイメージがある(211「官」を見よ)。したがって「官(音・イメージ記号)+食(限定符号)」を合わせた館は、周囲に垣や塀をめぐらした大きな建物を暗示させる。この意匠は官と変わらない。賓客をもてなす宿舎の意味が生まれたので食の限定符号を添えて、官との差別化を図ったわけである。官は役所・役人の意味、館は役人などが住まう建物の意味と棲み分けた。