「丸」

白川静『常用字解』
「象形。弓の弦にまるい弾をあてがった形。これを弾(ひ)いて弾を弾(う)つ弾丸(はじき弓のたま)という。弾はまるい形のものであるから、小さな“まるい”形のものを丸という」

[考察]
形から意味を導くのが白川漢字学説の特徴である。上はまるで「弾」の解釈 と錯覚しそうだ。「弾」の項では「弓の弦の中間に〇を加えて弾丸(はじき弓のたま)をはじく形」とある。「丸」の字形は弓にも弾にも見えない。字形は何とでも解釈できる。恣意的な解釈に歯止めをかけるには、言葉から出発し、語源を押さえて、字源を解釈すべきである。
まず丸の使用例を見る。
 原文:流丸止於甌臾。
 訓読:流丸は甌臾オウユに止まる。
 翻訳:流れだまはへこんだ器に当たれば自然に止まるものだ――『荀子』大略

丸は球状の物体(たま)の意味で使われている。これを古代漢語でɦuan(呉音でグワン、漢音でクワン)という。この語は元・巻・環・果・渦などと同源で「まるい」というコアイメージがある。円とも近い。ただし円との違いは、平面的な円形ではなく立体的である。立体的なものを図形化するのは難しい。立体的でも外形は円形であるから、円形のイメージで表象できる。こうして考案されたのが丸である。
『説文解字』では「丸は圜カン(まるい)なり。傾側して転ずる者なり。仄ソクに反するに従ふ」とある。丸と仄は鏡文字の関係である。仄は「厂+人」を合わせて、人が崖や壁にぶつかって姿勢を崩す情景(実現される意味は「かたむく」)。図示すれば∠の形である。これはかどのある形で、傾いた形、バランスの崩れた形である。仄を左右反転させると丸になる。丸は「匕(人の鏡文字)+乁」が変形したもの。鏡文字は反対のイメージを作るための工夫である。かどのある、バランスの崩れた形の反対は円形である。円形は欠け目のない形で、バランスの取れた究極の理想型である。だから円形のイメージを仄の鏡文字の丸で表現した。円との違いは丸が立体であることであるが、前述のように立体を表象しがたいので、円形で表象したわけである。